最新の投稿


new

2017お中元の準備はOK?地域別の贈る時期と、意外なコンビニ活用法

new

バイヤー別 地方の特産品お取り寄せサイト スイーツからお肉まで

new

夜空の下で映画を観る贅沢。2017年開催の野外映画祭3選

常温でお届け 真っ白ごはんに乗せたい!ご当地ごはんのお供

素材はとことん大事にします。種まで食べられる長崎びわのコンポート

「たまご焼きフライ」?!行列ができる老舗玉子焼き屋さん直伝レシピ

お米屋さんに聞きました!夏でもお米をおいしく食べる保存方法

【県民の日】って何?県民じゃなくても楽しめるお得スポット 千葉県編


ビール必須!華やか「バラ餃子」にはアツアツの秘密がいっぱい!

ビール必須!華やか「バラ餃子」にはアツアツの秘密がいっぱい!

見た目はまるでバラの花。女子も喜ぶ新しいスタイルのご当地餃子を岐阜県で発見!ピンク色の皮に包まれたヘルシーな餡……、一見華やかでやさしい餃子の秘密を知れば、そのアツさに、大至急ビールが欲しくなりますよ。


自然の恵みを取り入れる、ハーブのある暮らし ~基礎編~

自然の恵みを取り入れる、ハーブのある暮らし ~基礎編~

香りやおいしさ、リラックス効果など、日常生活でさまざまに活用される「ハーブ」。ハーブ初心者でも気軽に楽しめる、日々の暮らしへの取り入れ方をまとめました。


【愛すべき地元メシ】郡山でシメるなら「大番」のにんにく味噌ラーメン

【愛すべき地元メシ】郡山でシメるなら「大番」のにんにく味噌ラーメン

観光客や全国的にはあまり知られていない、地元民が愛する名店。福島のラーメンと聞けば「喜多方ラーメン」や「白河ラーメン」が真っ先に思い浮かぶかもしれないが、そのどちらでもない郡山に、地元民を虜にするラーメン屋があった。呑んだ後にガツンと効く、すりおろしにんにくのスタミナラーメンと大将の人情味あふれる「お食事処 大番」だ。


いまさら聞けないふるさと納税のアレコレ ~注目の返礼品と申込手順

いまさら聞けないふるさと納税のアレコレ ~注目の返礼品と申込手順

ニュースでもよく話題になる「ふるさと納税」。お得に特産品がもらえるらしいけど、どうやって選ぶんだろう?手続きって面倒?税金はいくら控除されるの? そんな、なんとなく疑問に思っていたことを、事例を交えながら一緒に学んでみませんか。


【レポート】横丁に"げんき"が集まる日。~ハモニカ横丁げんき祭in富士吉田

【レポート】横丁に"げんき"が集まる日。~ハモニカ横丁げんき祭in富士吉田

富士山のふもとのまち、富士吉田。かつて繁華街だった路地裏で、みんながげんきを持ち寄る手作りのお祭りが開催されています。今年4回目を迎えた「ハモニカ横丁げんき祭り」をレポートしました。


食べられる!ふわふわミニチュア富士山がかわいい

食べられる!ふわふわミニチュア富士山がかわいい

お土産やギフトにスイーツを贈るのは定番だけど、どんなスイーツを贈るかはセンスが問われるもの。富士山型のシフォンケーキ「ふじフォン」なら、サプライズとハッピーも一緒にまるっとプレゼント。富士山への愛は日本一?山梨県の小さなお菓子屋さんが作るケーキは、日本人にも外国人にも喜ばれるスペシャルギフトです。


夏のさわやかな過ごし方。今年もブームの国産レモンを取り入れよう

夏のさわやかな過ごし方。今年もブームの国産レモンを取り入れよう

近頃何かと話題になることの多い「国産レモン」。ジメジメの梅雨、つらい夏バテを乗り切るためにもレモンのパワーを感じるアイテムを取り入れてみては?


白ワインにも合う!塩で食べる大人の大粒納豆。オール宮城県産「蔵政」

白ワインにも合う!塩で食べる大人の大粒納豆。オール宮城県産「蔵政」

東北大震災の時に多くの方に応援してもらった感謝の気持ちを込めて開発された、オール宮城県産納豆を新たな食べ方と共にご紹介します。2017年2月に京都府で開かれた全国納豆鑑評会の大粒・中粒部門で特別賞を受けた納豆です。


この夏はクラフトビールで乾杯!日本のおすすめ地ビール5選

この夏はクラフトビールで乾杯!日本のおすすめ地ビール5選

今年のお中元や父の日に、お酒を贈りたいと考えている人も多いはず。「地酒」といえば日本酒? ビールといえば、大手のブランド? それだけじゃない、個性豊かなクラフトビールが全国各地にたくさんあるんです。種類による違いや、おすすめの地ビールをざっくりまとめてみました。


地域の情報がよくわかる、素敵デザインのWEBサイト~都道府県編~

地域の情報がよくわかる、素敵デザインのWEBサイト~都道府県編~

みなさんは、自治体・行政機関のWEBサイトって使ったことありますか? 地味だし使いづらそう……と思いきや、意外と素敵なデザインで便利なページがたくさんあるんです。その土地の魅力あふれる、思わず眺めたくなるWEBデザインを集めました。


チャンスは1年で109時間 濃厚すぎて危険「バカ」のミルクジャム

チャンスは1年で109時間 濃厚すぎて危険「バカ」のミルクジャム

1日に56分、それも週末にしか販売されない、真っ白な幻のソフトクリームは、うしろめたいほど濃厚なミルクジャムを贅沢に使った危険なスイーツ。2017年は祝日が少なく1年を通しても約109時間しか出会えない、奇跡のスイーツの原点は、意外にも「土」づくりにありました。


これを知ったら、あなたも「長崎びわ」マスター?!

これを知ったら、あなたも「長崎びわ」マスター?!

いつでもどこでも食べられるものが多くなり、意外と知らない食材や旬のこと。初夏が旬の「びわ」について、長崎びわを中心に紹介していきます。


ランキング


>>総合人気ランキング