「Local is colorful」をテーマに、地域の"イロ=魅力"を伝え、全力で応援するローカル情報メディア
モーニング発祥は名古屋じゃない!広島「ぶらじる」で日本一元気な朝ごはん

モーニング発祥は名古屋じゃない!広島「ぶらじる」で日本一元気な朝ごはん

知ってました?今や名古屋の文化として定着している「喫茶店のモーニング」発祥の地は、名古屋でも愛知でも、東海地方でもなかった!広島の静かで小さな商店街で70年以上続く街の喫茶店「ルーエぶらじる」は元祖モーニングの喫茶店。朝から元気ハツラツ!素朴だけど楽しいメニューが味わえる、日本一元気の出る喫茶店でしたよ。


喫茶店の「モーニング」と言えば?

近年、いたるところで目にするようなった「コメダ珈琲」。「モーニング」が評判の、愛知県を代表する名物喫茶店として東海地方を飛び出し、次々と全国へ進出しています。
朝の限られた時間、ドリンクを1杯オーダーすればトーストやゆで卵などのフードメニューが付いてくるという東海地方のモーニングサービス。最近ではメニューのバリエーションやボリュームも増え、副菜から麺類、メインまで数十種類のおかずが出る喫茶店や、1日中モーニングがいただけるお店まで。今やモーニング=名古屋の文化というイメージが定着しています。

【意外な事実】モーニングの始まりは名古屋ではなかった

しかし!しかしです。いわゆるトーストにパン・たまごという喫茶店の定番モーニングサービスの発祥は愛知ではなかったのです。お隣の岐阜県でもなければ、もはや東海地方でもありません。ではどこなのか……

そう、広島。……え?広島?はい、広島です。
モーニングサービスの定番「トースト」「たまご」「コーヒー」。朝の三種の神器を初めて提供した喫茶店としてもっとも古い記録が残っているのが、広島市中区の鷹野橋商店街の一角にある『ルーエぶらじる』。1956年『週刊朝日』に掲載された記事に「モーニングサービス」という文字が写っているのだそうです。

モーニング発祥の店 広島『ルーエぶらじる』に行ってみた

(鷹野橋(たかのばし)商店街にある『ルーエぶらじる』)



創業71周年(2017年現在)。

全くキリがいい数字ではありませんが、堂々と貼りだされています(笑)。どうやら毎年律儀に更新されている模様です。
OPENは毎朝7:00。定休日はなし(!)。ちなみに店名のルーエはドイツ語で「やすらぎ」という意味のようです。まわりのお店はまだどこも開いておらずシーンと静まり返った商店街……。確かに営業していることを確認し、店の前に陣取る不思議なモニュメント(ドイツ人?)にやや怯えつつも、いざ入店。

(年季が入ったモニュメントがお出迎え)

「いらっしゃいませー!」

思わずビクッ!としてしまうほど大きな声で迎えられ、一瞬怯んでしまいました。奥から出てきたのは、なんとも街の喫茶店らしい、素朴な雰囲気のメガネをかけた女性。

「おひとり様ですか?おたばこ吸われますか?」

お決まりの言葉をハキハキと非常に大きな声で発します。静まり返った商店街とは裏腹に、店内にはお客さんがすでに数組。

(朝早くから、店内にはおひとり様から家族客まで)

「おひとり様ですね、奥のお好きな席へどうぞ。」

丁寧に、全てを大きな声で復唱してくださいます(笑)。おかげで、有無を言わさずまわりのお客さんに筒抜け状態(笑)。

そそくさと席に着き、早速メニューを。

(手書きメニュー)


いたって普通のようで……よくよく見るとちょっと不思議な箇所がちらほら。

●Bモーニング 650円
(サラダ・トースト・?・目玉焼き)
●Aモーニング 550円
(サラダ・トースト・ゆで玉子)
●サンドモーニング 650円
(サンド)
●カレーモーニング 650円
(カレー・サラダ)
●バーガーモーニング 650円
(サラダ・?・バーガー)
●日替わりモーニング 650円

なぜか「Bモーニング」が「Aモーニング」より上に書いてあったり、「サンド」やバーガーに関しては説明はなく、何のサンドなのかどんなバーガーなのかはこれだけでは全く不明。なかなか自由なメニューです。

(気になる……「?」の文字)


そして特に注目すべきが、Bモーニングとバーガーモーニングにある「(?)」の文字。もはや「?」だとメニューの意味をなしていませんが、ここはあえて聞かず、ドキドキしながらも看板メニューと言われる「Bモーニング」をお願いしました。
「Bモーニングですね!」

相変わらず大きな声で復唱されます。最初は他のお客様に聞こえるのがやや気恥ずかしい気もしましたが、もうそんなことはおかまいなし。

「カレーモーニングのお客様ー!」「Bモーニングのお客様ー!」

わたしだけではなく、周りのお客さんが何をオーダーしたのかも全部まる聞こえです(笑)。活気ある声は喫茶店というよりも街の定食屋さんみたい。どんなに低血圧な人や寝起きの人でも、ここに来ればハッと目が覚めそう。

「Bモーニングお待たせしましたー!」

(『ルーエぶらじる』の「Bモーニング」)


来ました!どーん。めっちゃ豪華です!なんと目玉焼きは2個分。そして気になる「?」はというと……おそらくこちら。

(メニューに載っていなかったものは……)

りんごジュースでした!「?」は日や季節によってジュース・果物など。冬にはスープも出るといううわさ。何が出るかはその日次第。
そして、もうひとつの楽しみがパン。メニューには「トースト」としか書かれていませんが、サックリとしたおいしい自家製の山食と、おまけで小さな調理パンがついてくるようです。

(大きなし山型食パンと、小さなグラタンサンド)


この日はグラタンサンドが一切れ。きちんとトーストしてあり、細やかな心配りが見られます。目玉焼きに添えられるベーコンが、日によってはソーセージになることもあるみたい。

「今日は何かな?」ちょっとした"お楽しみ"は大人になっても嬉しいものですよね。たっぷりとジャムを塗るもよし、自分でパンにたまごをのせて目玉焼きトーストにするもよし。ベーコンエッグトーストにするのも良いですね。楽しみ方は自由自在!

モーニングにかけた、ぶらじると広島市民の「夢」

この記事のライター

関連する投稿


【アレンジレシピ】岡山県矢掛町「陽気なピクルス」を味わい尽くす

【アレンジレシピ】岡山県矢掛町「陽気なピクルス」を味わい尽くす

ワインのおつまみや、付け合わせなど便利なピクルス。つくりおきブームで、自分で作る人も増えていますが、ギフトやお土産などでもらう機会も多いのではないでしょうか。そのまま食べても良し、アレンジしても良しということで、ピクルスを余すことなく食べられるアレンジをご紹介します。


カフェと体験型イベント|岡山県矢掛町「えんがわ食堂」

カフェと体験型イベント|岡山県矢掛町「えんがわ食堂」

岡山県南西部に位置する矢掛町、2018年6月にオープンした「えんがわ食堂」で新しい取り組みが始まっています。カフェの新しいメニュー開発の様子や、地元の住人や作家さんが行う体験型イベントなどをレポートします。


手土産におすすめ|おしゃれなデザインのピクルスはいかが

手土産におすすめ|おしゃれなデザインのピクルスはいかが

岡山県南西部に位置する、岡山県矢掛町はかつて旧山陽道の宿場町として栄えた町。宿場町のイメージとはまた違った、矢掛町の人や田園風景の明るさやおおらかさを表現するおしゃれなパッケージのピクルスが販売されているのはまだあまり知られていないのでは。ギフトにもピッタリなおしゃれなデザインから商品を探ります。


岡山県矢掛町のみかわてらすとえんがわ食堂

岡山県矢掛町のみかわてらすとえんがわ食堂

岡山県矢掛町のみかわてらすで作っている「陽気なピクルス」。開発ストーリーと新たな拠点で営業するカフェ「えんがわ食堂」を中心とした取り組みを覗きに行ってきました。


岡山県矢掛町発|みかわてらす「陽気なピクルス&ディップソース」

岡山県矢掛町発|みかわてらす「陽気なピクルス&ディップソース」

豊かな自然と江戸時代の風情を残す矢掛町。岡山県の南西部に位置し、美観地区で有名な倉敷市からも比較的近くです。豊かな自然が育んだ、野菜を使用したピクルスについてご紹介します。


最新の投稿


【2019年】牛乳瓶の「うに」は初夏だけのお楽しみ!|おいしい食べ方は?どこで買えるの?

【2019年】牛乳瓶の「うに」は初夏だけのお楽しみ!|おいしい食べ方は?どこで買えるの?

【2019年 旬スタート】高級食材の代表格「うに」。そんな「うに」が目いっぱい入っている夢のような牛乳瓶があると聞いて、さっそく販売店に出かけてみました!気になるお値段は?お味は?どんな食べ方が美味しいの?通販でも購入できるの?などなど、謎に包まれた牛乳瓶入りの「うに」を研究しました。


【ごはんのお供】「にんにくトマトラー油」使い方15選!鍋におかずも!

【ごはんのお供】「にんにくトマトラー油」使い方15選!鍋におかずも!

本当に「万能調味料」はあるのか。これまで疑問を抱き続けてきた筆者が出会った「これぞ万能」と思えるご当地調味料が、山梨県・笛吹の庄の「にんにくトマトらー油」。ご飯のお供は言わずもがな、野菜、おかず、麺……さらにはパンにまで使える最強の食べるラー油。教えたいけど教えたくない、絶品!名物ご当地調味料とその万能ぶりをご紹介。


【アレンジレシピ】岡山県矢掛町「陽気なピクルス」を味わい尽くす

【アレンジレシピ】岡山県矢掛町「陽気なピクルス」を味わい尽くす

ワインのおつまみや、付け合わせなど便利なピクルス。つくりおきブームで、自分で作る人も増えていますが、ギフトやお土産などでもらう機会も多いのではないでしょうか。そのまま食べても良し、アレンジしても良しということで、ピクルスを余すことなく食べられるアレンジをご紹介します。


【2019年おすすめ】はじまりの季節「春」に食べたい春スイーツ3選

【2019年おすすめ】はじまりの季節「春」に食べたい春スイーツ3選

新しい年度が始まる春。あたたかく、さくらが咲き、ちょっとワクワク、ドキドキな季節に気分高まるスイーツ―――春スイーツを3つご紹介します。


カフェと体験型イベント|岡山県矢掛町「えんがわ食堂」

カフェと体験型イベント|岡山県矢掛町「えんがわ食堂」

岡山県南西部に位置する矢掛町、2018年6月にオープンした「えんがわ食堂」で新しい取り組みが始まっています。カフェの新しいメニュー開発の様子や、地元の住人や作家さんが行う体験型イベントなどをレポートします。


ランキング


>>総合人気ランキング