「Local is colorful」をテーマに、地域の"イロ=魅力"を伝え、全力で応援するローカル情報メディア
【ごはんのお供】「にんにくトマトラー油」使い方15選!鍋におかずも!

【ごはんのお供】「にんにくトマトラー油」使い方15選!鍋におかずも!

本当に「万能調味料」はあるのか。これまで疑問を抱き続けてきた筆者が出会った「これぞ万能」と思えるご当地調味料が、山梨県・笛吹の庄の「にんにくトマトらー油」。ご飯のお供は言わずもがな、野菜、おかず、麺……さらにはパンにまで使える最強の食べるラー油。教えたいけど教えたくない、絶品!名物ご当地調味料とその万能ぶりをご紹介。


にんにくトマトラー油のお取り寄せ(通販)はこちらからどうぞ
 にんにくトマトらー油(ラー油)/笛吹の庄

突然ですが、日本人にとっての主食はやはりお米。おいしいご飯には、おいしいおかずが必要。

とは言え、筆者はズボラな性格のため普段料理など全くしない。どちらかと言うと地方のうまいご当地ものを取り寄せたりアンテナショップで買ったりして、うんうん一人で堪能していることが多い。そんなズボラな筆者が愛用しているご当地調味料を、皆さまに満を持してご紹介したい。

山梨県 笛吹の庄が作る『にんにくトマトらー油』

今「なんだ、結局食べるラー油?」そう思った皆さま、どうかココで読むのをやめないでいただきたい!

「にんにくトマトらー油」は、山梨県産ワインをベースに、青森県産ブランドにんにくをふんだんに使用。トマトによるさっぱりとした酸味とうまみが加わった食べるラー油である。山梨県にある、小さな辛味噌専門店『笛吹の庄』の手づくり品だ。

(笛吹の庄の「にんにくトマトらー油」)

正直筆者も最初は、そこまで期待していなかった。店のある山梨の特産品・ワインを使った「ちょっと変わり種の食べるラー油シリーズだろう」と侮っていたのだが、これが驚くほど使える。残念なことに、人気バラエティ番組「嵐にしやがれ!」で紹介されてから爆発的にヒットしてしまい、以前からひそかに愛用している筆者にとっては悔しくてならない。。。何せこれはきっと山梨名物になる!と先に目を付けていたのだから……。が、実直な店主が丁寧に丁寧に手作りしている店のことを思えば、やはり応援したいと思うのだ。

ちなみに 「にんにくトマトらー油」、あまりの人気に贅沢な肉入りも2種類存在する。
「甲州地どりトマトらー油」「富士ヶ嶺産丸一ポーク&トマトらー油」も同じように使えるのだが、今回はとりあえず定番品で進めていこうと思う。

主婦のお悩み解決!万能「にんにくトマトらー油」の使い方15選


ではここからは、この 「にんにくトマトらー油」がいかに優秀で、主婦の味方になる調味料であるかを伝えていきたい。ズボラな筆者でもハマった 「にんにくトマトらー油」の活用法を伝授しよう。

1.【初級編】絶品ご飯のお供 まずはほかほか新米に


今の季節だからこそ、何を差し置いてもまずは米と召し上がっていただきたい。
秋と言えば新米。炊きたての飯にのせるだけでもう何もいらない。ガッと混ぜて、おにぎりにしてもうまい。

2.【初級編】夏は冷ややっこ、冬はカリッと焼いた厚揚げに


「食べるラー油」の食べ方として、定番の冷ややっこや野菜スティックも、もちろん間違いない。

(焼いた厚揚げを「にんにくトマトらー油」につけて)

3.【初級編】盲点だった!味噌汁に「にんにくトマトらー油」をチョイ足し


簡単なのに意外と知られていない使い方が味噌汁。


調理する段階で入れてしまうもよし、お椀によそってからチョイ足しするもよし。濃厚なうまみが加わり、いつもと違うおいしさに一変する。もちろん豚汁もいい。

4.【初級編】味変でおいしさ2倍!鍋・おでんの薬味に


秋から冬にかけて、大活躍するのが鍋。
ひとつの味を食べ続ける鍋の薬味にもってこいなのだ。それも、てんこ盛りのにんにくと、酸味のあるトマトが入っていることで、醤油・味噌・塩など和風の鍋がパンチのあるあじにガラリと変化する。おでんの薬味にもおすすめ。

5.【初級編】話題のサラダチキンでヘルシー&ジャンキーに


もちろん蒸し鶏を作っていたただいてもかまわないが、ズボラな筆者が非常に重宝している市販のサラダチキン。空前のブームになっているヘルシーなサラダチキンも 「にんにくトマトらー油」ひとつでしっかり食べ応えのある絶品おかず・酒のアテになる。

6.【中級編】洋風にだってなる!パンにも使える新しい食べるラー油

この商品のミソはなんと言っても「トマト」と「ワイン」がベースとなっていること。辛さやうまみだけではなく、トマトソースに近い要素があるため洋風アレンジまで可能。

(ズボラなもんでちょっと焼きすぎかもしれませんが……味は確かです)


食パンに 「にんにくトマトらー油」を塗り、チーズをかけてトーストするだけ。がっつりにんにくが入っているので、朝に食べるのは要注意。

この記事のライター

関連する投稿


【2019年】牛乳瓶の「うに」は初夏だけのお楽しみ!|おいしい食べ方は?どこで買えるの?

【2019年】牛乳瓶の「うに」は初夏だけのお楽しみ!|おいしい食べ方は?どこで買えるの?

【2019年 旬スタート】高級食材の代表格「うに」。そんな「うに」が目いっぱい入っている夢のような牛乳瓶があると聞いて、さっそく販売店に出かけてみました!気になるお値段は?お味は?どんな食べ方が美味しいの?通販でも購入できるの?などなど、謎に包まれた牛乳瓶入りの「うに」を研究しました。


【アレンジレシピ】岡山県矢掛町「陽気なピクルス」を味わい尽くす

【アレンジレシピ】岡山県矢掛町「陽気なピクルス」を味わい尽くす

ワインのおつまみや、付け合わせなど便利なピクルス。つくりおきブームで、自分で作る人も増えていますが、ギフトやお土産などでもらう機会も多いのではないでしょうか。そのまま食べても良し、アレンジしても良しということで、ピクルスを余すことなく食べられるアレンジをご紹介します。


カフェと体験型イベント|岡山県矢掛町「えんがわ食堂」

カフェと体験型イベント|岡山県矢掛町「えんがわ食堂」

岡山県南西部に位置する矢掛町、2018年6月にオープンした「えんがわ食堂」で新しい取り組みが始まっています。カフェの新しいメニュー開発の様子や、地元の住人や作家さんが行う体験型イベントなどをレポートします。


手土産におすすめ|おしゃれなデザインのピクルスはいかが

手土産におすすめ|おしゃれなデザインのピクルスはいかが

岡山県南西部に位置する、岡山県矢掛町はかつて旧山陽道の宿場町として栄えた町。宿場町のイメージとはまた違った、矢掛町の人や田園風景の明るさやおおらかさを表現するおしゃれなパッケージのピクルスが販売されているのはまだあまり知られていないのでは。ギフトにもピッタリなおしゃれなデザインから商品を探ります。


【お返しにおすすめ】個性的なカタログギフト|内祝いのお返しに

【お返しにおすすめ】個性的なカタログギフト|内祝いのお返しに

人生の大きなライフイベントである結婚や出産。家族はもちろん、まわりの友人、知人、ご近所のかたなど、多くの人が祝福してくれます。お祝いをいただくことも多いですよね。喜んでいただいた気持ちに感謝しながらも、そのお返しには何を贈るか悩んでしまうのでは? そこで、チイキイロ選・お返しにおすすめ!おしゃれでいて、全国各地47都道府県のうまいものがそろった、センスのいいカタログギフトをご紹介します。


最新の投稿


【地域の差】黒・緑・黄緑・黄色? 地域で違う「おはぎ」の不思議

【地域の差】黒・緑・黄緑・黄色? 地域で違う「おはぎ」の不思議

おはぎと言えば「小豆あん」の赤紫色、「きなこ」の黄色、あともう一色は何色?え、おはぎってこしあんのことじゃないの?そもそもおはぎとぼたもちの違いって?緑のあん、黄色のあんのぼたもちはどこのもの?地域によって色も味も違うおはぎの不思議。地味だけど興味深いおはぎの地域性を大調査!


【2019年】牛乳瓶の「うに」は初夏だけのお楽しみ!|おいしい食べ方は?どこで買えるの?

【2019年】牛乳瓶の「うに」は初夏だけのお楽しみ!|おいしい食べ方は?どこで買えるの?

【2019年 旬スタート】高級食材の代表格「うに」。そんな「うに」が目いっぱい入っている夢のような牛乳瓶があると聞いて、さっそく販売店に出かけてみました!気になるお値段は?お味は?どんな食べ方が美味しいの?通販でも購入できるの?などなど、謎に包まれた牛乳瓶入りの「うに」を研究しました。


【アレンジレシピ】岡山県矢掛町「陽気なピクルス」を味わい尽くす

【アレンジレシピ】岡山県矢掛町「陽気なピクルス」を味わい尽くす

ワインのおつまみや、付け合わせなど便利なピクルス。つくりおきブームで、自分で作る人も増えていますが、ギフトやお土産などでもらう機会も多いのではないでしょうか。そのまま食べても良し、アレンジしても良しということで、ピクルスを余すことなく食べられるアレンジをご紹介します。


【2019年おすすめ】はじまりの季節「春」に食べたい春スイーツ3選

【2019年おすすめ】はじまりの季節「春」に食べたい春スイーツ3選

新しい年度が始まる春。あたたかく、さくらが咲き、ちょっとワクワク、ドキドキな季節に気分高まるスイーツ―――春スイーツを3つご紹介します。


カフェと体験型イベント|岡山県矢掛町「えんがわ食堂」

カフェと体験型イベント|岡山県矢掛町「えんがわ食堂」

岡山県南西部に位置する矢掛町、2018年6月にオープンした「えんがわ食堂」で新しい取り組みが始まっています。カフェの新しいメニュー開発の様子や、地元の住人や作家さんが行う体験型イベントなどをレポートします。


ランキング


>>総合人気ランキング