「Local is colorful」をテーマに、地域の"イロ=魅力"を伝え、全力で応援するローカル情報メディア
福岡から本物の明太子を届けたい。博多あき津゛「天然出汁めんたい子"天"」

福岡から本物の明太子を届けたい。博多あき津゛「天然出汁めんたい子"天"」

ごはんのお供やお酒のつまみとして多くの人を魅了する博多名物・明太子。様々な商品が世にあふれる中、「本当においしくて安心できる明太子を届けたい」と立ち上がった人がいました。高級明太子専門店「博多あき津゛」のこだわり、2018年に日本ギフト大賞 福岡賞を受賞したそのおいしさの極意を探りました。



ほかほかの炊き立てごはんに、明太子を一切れ。ぷちぷちの食感と、ほのかな辛み、そして深い旨み……。日本人であれば誰もが幸せを感じる、食卓のひとコマです。


そして明太子好きの人であれば、一度はこのように考えたことがあるのではないでしょうか?

最高の明太子って、どんなものなんだろう?

この疑問に答えようと、明太子の本場・福岡県の職人が作り上げた明太子があります。それが「博多あき津゛」の「天然出汁めんたい子"天"」

なんとそのお値段は、明太子1本 2,700円
この超高級明太子、一体他と何がどのように違うのか、秘密を紐解いていきたいと思います。

自慢の福岡名物を目指す「博多あき津゛」の明太子


福岡市で営む明太子専門店、博多あき津゛(はかたあきづ)。

代表の安田さんは、明太子の製造を始めて約20年。意外にも、以前は自らIT系の会社を起業し経営者として活躍していました。なぜ急に明太子作りの世界に飛び込んだのでしょうか?
――私の地元である福岡県では、明太子が名物として知られていて、お土産も様々なものが売られています。ですが、正直言って”博多の自慢の明太子”として他県の人におすすめできるものがほとんどなかった。
じゃあ、なければ自分で作ってしまおうと思い立ったんです。


安心でおいしい明太子をたくさんの人に食べてもらいたい……そんな思いをもって、IT系から一転、食の世界へ。料理の修行をしながら試作を繰り返すこと5年。ようやく納得のいくものが作れるようになり、念願のお店、博多あき津゛をオープンしました。

最初は苦労もあったと言いますが、本物の明太子を探求し続ける熱意が少しずつ評判を呼び、こだわり抜いた明太子のおいしさが多くの人に知られるようになっていきました。
そんな安田さんが「天然出汁めんたい子 "天"」を作るきっかけは、おいしいものに目がない知り合いの一言でした。

「とにかく最上級の素材だけで作った明太子を一度食べてみたい。作ってもらえないだろうか?」

自身も無類の明太子好きである安田さんが、究極の明太子作りに挑み始めました。

究極の博多明太子「天然出汁めんたい子"天"」のこだわり


とにかく最高の明太子を作りたい、食べてみたいという一心で作り始めた「天然出汁めんたい子"天"」。特にこだわった点は三つです。

納得のいく最高のたらこだけを使用

日ごろから良質なたら子の仕入れにはこだわっていますが、"天"は更に特別。一つ一つの粒がしっかりした国産のスケソウダラの真子(たらこ)をこの商品のためだけに厳選。数が限られており一般には流通していないものなのだそうです。

――本当に納得した真子が手に入ったときにだけ製造するので、予約販売のみで対応させていただいています。

自ら目利きし調合した"完全無添加"のタレ

明太子の味を決めるのが、たら子を漬け込むタレ。一般の明太子は既製品の調味液を使うことがほとんどですが、あき津゛では独自に調合した天然出汁を使用しています。

(写真はイメージです)

枕崎産のかつお節と利尻島産の昆布で出汁をとり、醤油、純米酒、酒みりんを合わせたタレに漬け込むこと一週間。一つ一つ吟味した素材がかもし出す旨みをまとった明太子に、国産の唐辛子の粉末をふりかけて仕上げます。

桐箱または博多曲物に入れてお届け

最高の明太子を追求した「天然出汁めんたい子"天"」は、おいしいものにこだわる人、違いのわかる人への贈りものにぴったり。届いた瞬間から喜んでもらえるよう、桐箱に入れたものと、福岡の工芸品「博多曲物」の丸桶に入れたものを用意しています。


こうして安田さんが妥協なく作り上げた"天"はまさに作品とも呼べる一品。

一口食べると、まず口の中に飛び込んでくるプチプチとはじけるような粒の食感。そしてピリッとした辛さのあとに、噛み締めるほどに深いうまみが口いっぱいに広がります。
「これが本物の明太子だったのか!」
と、そのおいしさに思わず驚いてしまうはず。ぜひ炊き立てのごはんやとっておきのお酒を用意して、じっくりと味わいたいものです。

2018年日本ギフト大賞受賞の明太子を贈りものに


発売以来、様々なメディアでの紹介や有名百貨店での販売、人間国宝の作家とのコラボレーションなど、多方面から注目され、多くのお客様に支持されている「天然出汁めんたい子"天"」。2018年には、価値ある地域のギフト商品に贈られる「日本ギフト大賞 福岡賞」を受賞しました。

それは、博多あき津゛・安田さんの
「地元・福岡への思い」
「明太子が好きな思い」
「お客様に良いものを届けたいという強い思い」

がこの一品にこめられているからこその結果なのだと思います。

この記事のライター

関連する投稿


【2019年】牛乳瓶の「うに」は初夏だけのお楽しみ!|おいしい食べ方は?どこで買えるの?

【2019年】牛乳瓶の「うに」は初夏だけのお楽しみ!|おいしい食べ方は?どこで買えるの?

【2019年 旬スタート】高級食材の代表格「うに」。そんな「うに」が目いっぱい入っている夢のような牛乳瓶があると聞いて、さっそく販売店に出かけてみました!気になるお値段は?お味は?どんな食べ方が美味しいの?通販でも購入できるの?などなど、謎に包まれた牛乳瓶入りの「うに」を研究しました。


【ごはんのお供】「にんにくトマトラー油」使い方15選!鍋におかずも!

【ごはんのお供】「にんにくトマトラー油」使い方15選!鍋におかずも!

本当に「万能調味料」はあるのか。これまで疑問を抱き続けてきた筆者が出会った「これぞ万能」と思えるご当地調味料が、山梨県・笛吹の庄の「にんにくトマトらー油」。ご飯のお供は言わずもがな、野菜、おかず、麺……さらにはパンにまで使える最強の食べるラー油。教えたいけど教えたくない、絶品!名物ご当地調味料とその万能ぶりをご紹介。


【2019年新年】大掃除におすすめ4選|気分があがる工芸掃除道具

【2019年新年】大掃除におすすめ4選|気分があがる工芸掃除道具

大掃除にはもちろん、気持ちよい空間づくりに欠かせない毎日のお手入れに、職人さんがつくった掃除道具を加えてみませんか? フサフサのほうき、吸水性のよいふきんなど、性能も見た目も抜群な道具を味方にすれば、気分も上がってお掃除もはかどること間違いなしです。


宮崎県都城市 ふるさと納税から新規販路へ

宮崎県都城市 ふるさと納税から新規販路へ

「日本一の肉と焼酎のふるさと」を掲げる宮崎県都城市は地元の事業者団体と取り組み、ふるさと納税事業として新商品3品を発表。その取り組みを披露する発表会を2018年10月5日に実施しました。商品が完成するまでのストーリと完成した商品の紹介をします。


【2018】「おおいた観光物産展」で大分を満喫!とり天やにら豚の試食も

【2018】「おおいた観光物産展」で大分を満喫!とり天やにら豚の試食も

「おんせん県」として知られる大分県が、8月24日(金)~25日(土)に有楽町駅前広場で観光物産展を開催します。当日はグルメあり、ステージイベントあり、お買い物ブースありのもりだくさんの内容!大分の魅力を感じにお出かけしてみてはいかがですか?


最新の投稿


【2019年】牛乳瓶の「うに」は初夏だけのお楽しみ!|おいしい食べ方は?どこで買えるの?

【2019年】牛乳瓶の「うに」は初夏だけのお楽しみ!|おいしい食べ方は?どこで買えるの?

【2019年 旬スタート】高級食材の代表格「うに」。そんな「うに」が目いっぱい入っている夢のような牛乳瓶があると聞いて、さっそく販売店に出かけてみました!気になるお値段は?お味は?どんな食べ方が美味しいの?通販でも購入できるの?などなど、謎に包まれた牛乳瓶入りの「うに」を研究しました。


【ごはんのお供】「にんにくトマトラー油」使い方15選!鍋におかずも!

【ごはんのお供】「にんにくトマトラー油」使い方15選!鍋におかずも!

本当に「万能調味料」はあるのか。これまで疑問を抱き続けてきた筆者が出会った「これぞ万能」と思えるご当地調味料が、山梨県・笛吹の庄の「にんにくトマトらー油」。ご飯のお供は言わずもがな、野菜、おかず、麺……さらにはパンにまで使える最強の食べるラー油。教えたいけど教えたくない、絶品!名物ご当地調味料とその万能ぶりをご紹介。


【アレンジレシピ】岡山県矢掛町「陽気なピクルス」を味わい尽くす

【アレンジレシピ】岡山県矢掛町「陽気なピクルス」を味わい尽くす

ワインのおつまみや、付け合わせなど便利なピクルス。つくりおきブームで、自分で作る人も増えていますが、ギフトやお土産などでもらう機会も多いのではないでしょうか。そのまま食べても良し、アレンジしても良しということで、ピクルスを余すことなく食べられるアレンジをご紹介します。


【2019年おすすめ】はじまりの季節「春」に食べたい春スイーツ3選

【2019年おすすめ】はじまりの季節「春」に食べたい春スイーツ3選

新しい年度が始まる春。あたたかく、さくらが咲き、ちょっとワクワク、ドキドキな季節に気分高まるスイーツ―――春スイーツを3つご紹介します。


カフェと体験型イベント|岡山県矢掛町「えんがわ食堂」

カフェと体験型イベント|岡山県矢掛町「えんがわ食堂」

岡山県南西部に位置する矢掛町、2018年6月にオープンした「えんがわ食堂」で新しい取り組みが始まっています。カフェの新しいメニュー開発の様子や、地元の住人や作家さんが行う体験型イベントなどをレポートします。


ランキング


>>総合人気ランキング