「Local is colorful」をテーマに、地域の"イロ=魅力"を伝え、全力で応援するローカル情報メディア
男鹿半島の温泉に行こう!絶景が楽しめる温泉施設・旅館・ホテル5選

男鹿半島の温泉に行こう!絶景が楽しめる温泉施設・旅館・ホテル5選

日本海の絶景や「なまはげ」などで知られる、秋田県北部の観光地、男鹿半島。ドライブや海鮮料理などを楽しんだら、1日の終わりにはのんびり温泉に浸かりたいですよね。この記事ではそんなときにおすすめの男鹿の温泉施設をピックアップしました。日帰りや宿泊などの情報とあわせて紹介します。


はじめに

秋田県の日本海側に位置する観光地、男鹿半島。伝統行事のなまはげや、新鮮な海鮮料理が豊富なことで知られており、1年を通して多くの観光客が訪れています。そんな男鹿半島で1日中観光を楽しんだら、その疲れをゆったりと温泉で癒したいもの。男鹿半島には北西部に位置する「男鹿温泉郷」をはじめとする温泉地がいくつもあります。

チイキイロ編集部では、男鹿市内の日帰りで気軽に入れる温泉と、安らかなひとときを過ごせる温泉旅館を調査しました。おすすめを5軒、厳選してお届けします。

男鹿半島の温泉 おすすめ日帰り施設・温泉旅館

男鹿温泉交流会館 五風

男鹿温泉郷の中心部に位置する「五風」には、屋外に無料で楽しめる足湯コーナーがあります。また施設内のホールでは「なまはげ太鼓ライブ」が毎晩開かれるなど、観光客・地元の人の憩いの場となっています。

男鹿温泉交流会館 五風
【所在地】秋田県男鹿市北浦湯本草木原21-2
※なまはげ太鼓ライブ:20:30~(スケジュールはこちら)

温浴ランドおが なまはげのゆっこ

「温浴ランドおが」は、誰でも気軽に利用できる日帰り温泉施設。「なまはげオートキャンプ場」や「男鹿山牧場」に隣接しているので、レジャーの帰りにピッタリ。大人400円というリーズナブルな料金設定も魅力です。広い浴場でゆったりと疲れを癒してみては?

■温浴ランドおが
【所在地】秋田県男鹿市北浦北浦字平岱山1
【時間】9:00~21:00 (定休日:第2・第4火曜)
【料金】大人400円・子供250円(小学生未満無料)

なまはげの湯 元湯雄山閣

男鹿温泉郷入り口に立つなまはげ像のすぐ近くにある旅館。専用の源泉から直接湧き出す温泉は、体の芯まで温まり湯冷めしにくいことが特徴。季節や気温で微妙に異なる色や肌触りを感じることができます。男鹿半島の郷土料理「アンプラ餅」(男鹿の方言でじゃがいものこと)をはじめとした地元の味覚が楽しめます。

元湯雄山閣
【所在地】 秋田県男鹿市北浦湯本草木原52-1
【日帰り入浴】[時間] 11:00~15:00 [料金]700円
 ※清掃等でご利用できない場合があります。要電話確認
【宿泊料金目安】1泊2食付¥14,190~

網元の宿 男鹿萬盛閣(おが ばんせいかく)

源泉かけ流し・加水しない温泉の質にこだわる「男鹿萬盛閣」。男鹿名物の豪快な石焼料理が楽しめるプランや、女性一人旅向けプラン、ツーリング向けプランなど多彩な形での宿泊ができる旅館です。宿泊者が利用できる貸切露天風呂(要事前予約)もあるので、ご家族やカップルでの利用におすすめ。

男鹿萬盛閣(おが ばんせいかく)
【所在地】秋田県男鹿市北浦湯本字草木原63-2
【日帰り入浴】[時間] 15:00~20:00 [料金]550円
【宿泊料金目安】1泊2食付9,180円~

男鹿桜島リゾートHOTELきららか

日本海をすぐそこに望む「男鹿桜島リゾートHOTELきららか」では、宿泊はもちろん、入浴付の日帰り宴会やランチでの利用など、さまざまな楽しみ方ができます。日本海に沈む夕日が眺められる広い露天風呂が人気です。


男鹿桜島リゾートhotelきららか (トリップアドバイザー提供)

また天然温泉100%の内湯付客室もあるので、日本海の絶景と温泉を独り占めできる、贅沢なひとときを過ごしてはいかがでしょうか?

男鹿桜島リゾートHOTELきららか
【所在地】秋田県男鹿市戸賀加茂青砂字中台1-466
【日帰り入浴】[時間] 11:30~18:00 [料金]大人700円 / 小学生400円
【宿泊料金目安】1泊2食付13,500円~

おわりに

いかがでしたでしょうか? 男鹿半島には海辺ならではの絶景を楽しめる温泉旅館や、なまはげ体験とともに気軽に楽しみたい日帰り入浴場など、バラエティ豊かな温泉施設がいくつもありました。ぜひゆっくりと旅の疲れを癒してくださいね。

※宿泊料金目安は、2名1室・繁忙期以外・大人1名あたりの料金を記載しています。状況により変動いたしますので各施設へお問合せください。


※こんな記事もおすすめ※
【2018】男鹿ナマハゲロックフェスティバルが熱い!見どころ・ツアー情報も
男鹿市で食べたい!秋田名物「男鹿しょっつる焼きそば」のお店8選

この記事のライター

関連する投稿


イクラ、エゾシカ、トキシラズ、チーズ!|北海道白糠町は食材の宝箱

イクラ、エゾシカ、トキシラズ、チーズ!|北海道白糠町は食材の宝箱

北海道白糠町(しらぬかちょう)は、いくらや蝦夷鹿、毛蟹、ししゃも、数の子、時鮭(ときしらず)が食べられる食材の宝庫。しそ焼酎 鍛高譚の原料である赤シソも白糠町で生産されています。そんな白糠町の美味しい食材をフレンチでいただけるイベントが開催されると聞いて、参加してきました。


秋田・能代でランチを食べるならここ!ゆったり過ごせるお店6選

秋田・能代でランチを食べるならここ!ゆったり過ごせるお店6選

秋田県北西部に位置する能代市。バスケの街として知られる能代エリアには、安くておいしいごはんを食べられるお店がたくさん。この記事では、能代市周辺で落ち着いた雰囲気の中過ごせるお店を中心にピックアップして紹介します!


秋田で買いたい!おすすめのお土産10選|お菓子・食べ物編

秋田で買いたい!おすすめのお土産10選|お菓子・食べ物編

旅行の醍醐味の一つがお土産選び。でも秋田県にはいろんな名物があるので何を買うべきか迷ってしまいますよね。そんなときに役立つ情報として、秋田に行ったらぜひ買って帰るべきおみやげを紹介! この記事では「食べ物」の中からおすすめをピックアップしました。


秋田市のおすすめラーメン店7選|激戦区・秋田の名店をチェック!

秋田市のおすすめラーメン店7選|激戦区・秋田の名店をチェック!

秋田県の県庁所在地、秋田市。県の中心地だけあって、グルメも地元を代表する名店がたくさんあります。もちろんラーメンもその一つ。この記事では、県内有数のラーメン激戦区である秋田市内で人気のラーメン店をご紹介。地元の人にも愛されるお店をピックアップしました。


大曲の観光におすすめ!花火以外も楽しめる見どころ・イベントまとめ

大曲の観光におすすめ!花火以外も楽しめる見どころ・イベントまとめ

日本有数の花火大会「大曲の花火」開催地として有名な、秋田県の大仙市。ここには花火大会をはじめとしたイベントや自然たっぷりの公園、温泉などのスポットがたくさんあります。この記事では、大曲に行ったらぜひ立ち寄りたいおすすめの場所を厳選して紹介します。


最新の投稿


【地域の差】黒・緑・黄緑・黄色? 地域で違う「おはぎ」の不思議

【地域の差】黒・緑・黄緑・黄色? 地域で違う「おはぎ」の不思議

おはぎと言えば「小豆あん」の赤紫色、「きなこ」の黄色、あともう一色は何色?え、おはぎってこしあんのことじゃないの?そもそもおはぎとぼたもちの違いって?緑のあん、黄色のあんのぼたもちはどこのもの?地域によって色も味も違うおはぎの不思議。地味だけど興味深いおはぎの地域性を大調査!


【ごはんのお供】「にんにくトマトラー油」使い方15選!鍋におかずも!

【ごはんのお供】「にんにくトマトラー油」使い方15選!鍋におかずも!

本当に「万能調味料」はあるのか。これまで疑問を抱き続けてきた筆者が出会った「これぞ万能」と思えるご当地調味料が、山梨県・笛吹の庄の「にんにくトマトらー油」。ご飯のお供は言わずもがな、野菜、おかず、麺……さらにはパンにまで使える最強の食べるラー油。教えたいけど教えたくない、絶品!名物ご当地調味料とその万能ぶりをご紹介。


【2019年】牛乳瓶の「うに」は初夏だけのお楽しみ!|おいしい食べ方は?どこで買えるの?

【2019年】牛乳瓶の「うに」は初夏だけのお楽しみ!|おいしい食べ方は?どこで買えるの?

【2019年 旬スタート】高級食材の代表格「うに」。そんな「うに」が目いっぱい入っている夢のような牛乳瓶があると聞いて、さっそく販売店に出かけてみました!気になるお値段は?お味は?どんな食べ方が美味しいの?通販でも購入できるの?などなど、謎に包まれた牛乳瓶入りの「うに」を研究しました。


【アレンジレシピ】岡山県矢掛町「陽気なピクルス」を味わい尽くす

【アレンジレシピ】岡山県矢掛町「陽気なピクルス」を味わい尽くす

ワインのおつまみや、付け合わせなど便利なピクルス。つくりおきブームで、自分で作る人も増えていますが、ギフトやお土産などでもらう機会も多いのではないでしょうか。そのまま食べても良し、アレンジしても良しということで、ピクルスを余すことなく食べられるアレンジをご紹介します。


【2019年おすすめ】はじまりの季節「春」に食べたい春スイーツ3選

【2019年おすすめ】はじまりの季節「春」に食べたい春スイーツ3選

新しい年度が始まる春。あたたかく、さくらが咲き、ちょっとワクワク、ドキドキな季節に気分高まるスイーツ―――春スイーツを3つご紹介します。


ランキング


>>総合人気ランキング