「Local is colorful」をテーマに、地域の"イロ=魅力"を伝え、全力で応援するローカル情報メディア
山口の名物グルメ14選!高級食材フグからB級グルメ瓦そばまで

山口の名物グルメ14選!高級食材フグからB級グルメ瓦そばまで

2018年には明治維新150年を迎え盛り上がりを見せる山口県。観光地として注目を集める山口県のグルメといえば、どんなものがあるかご存知ですか? この記事では海鮮やお肉、B級グルメからスイーツまで、山口に訪れたら食べておきたい名物を紹介します。


山口県ってどんなところ?

本州の最西端に位置する山口県。約1,500mと長い海岸線を有し、美しい景色とおいしい海鮮料理が楽しめます。また、幕末・明治維新の舞台でもあったことからさまざまな歴史資源を有し、観光地としても注目を集めています。

(萩の町並み)

そんな山口県に観光で訪れたら、ご当地ならではのものを食べたいですよね。いったいどんな名物グルメがあるのでしょうか? この記事では、バラエティ豊かな山口名物を
・豊かな海と山の作り出す「高級食材」
・県民の間で愛される話題の「B級グルメ」
・それらに華を添える「絶品お酒&スイーツ」
の3本立てでご紹介していきます!

山口名物その1|海の幸と山の幸

「フク料理」は山口から全国へ

山口県といえばフグ、フグといえば山口県を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。山口県はふぐ料理が明治時代に初めて解禁された場所と言われており、「福」にちなんで「フク」と呼ばれ親しまれています。

フグ取扱量日本一の下関港で目利きされ、職人技で調理されたフク料理は最高のおもてなしの一品。丁寧な仕事によるフグ刺しやてっちりなどは、まさに冬を代表する味覚の数々です。

深海ではぐくまれる絶品「アンコウ」

実はフグだけでなく「アンコウ」も下関港が水揚げ日本一を誇ります。旬は、アンコウの肝が太る12月ごろ。コラーゲンやビタミンが豊富に含まれ、食べて元気になる魚として注目が高まっています。

アンコウをおいしく食べる方法といえば、なんといっても鍋! たっぷりの野菜と一緒に、ぷるぷるの皮付きの身やあん肝を味噌のスープで煮込めば……体の芯から温まる味わいに。冬に欠かせない一品です。

夏を告げる高級魚「ハモ」

お次は、7~8月が旬の高級魚・ハモ。淡白で上品な味わいの白身が夏の風物詩として親しまれています。山口県の中でも特に瀬戸内海沿岸にはエサとなる小魚が豊富で、おいしいハモがよく獲れます。切り落とし(湯引き)やしゃぶしゃぶ、そして天ぷらやから揚げも絶品です。

山口の海鮮はまだまだ豊富

踊り食いで食べたい、新鮮な「シラウオ」

透き通る身が美しい「剣先イカ」

山口のブランドアジ「瀬つきアジ」
といったさまざまな魚介が楽しめます。

超希少なブランド牛「無角和牛」

海の幸だけでなく、山口には希少なブランド和牛もあります。その名は「無角和牛」。角がない牛で、日本国内では山口県でしか育てられていません。お肉にサシが入る黒毛和牛に比べると脂肪が少なく、とてもヘルシー。赤身ながらやわらかく、肉本来の旨みを感じられます。

山口名物その2|県民に愛されるB級グルメ&郷土料理

岩国寿司

岩国寿司は、山口県岩国市の郷土料理。別名「殿様寿司」とも言われ、大きな木枠に4~5升ものごはんと野菜、錦糸卵などを段々に重ねた豪勢な押し寿司です。今でも岩国市ではお祝いの席などに欠かせない一品。1人前ずつ切り分けていただきます。

瓦そば

おそばといえばざるやせいろに盛られているもの。しかし山口の瓦そばは、なんと熱した瓦の上に乗っています。西南戦争の際に瓦で肉や野菜を調理したという話をヒントに、川棚温泉名物として売り出したところ評判になったのだとか。

この記事のライター

関連する投稿


【ごはんのお供】「にんにくトマトラー油」使い方15選!鍋におかずも!

【ごはんのお供】「にんにくトマトラー油」使い方15選!鍋におかずも!

本当に「万能調味料」はあるのか。これまで疑問を抱き続けてきた筆者が出会った「これぞ万能」と思えるご当地調味料が、山梨県・笛吹の庄の「にんにくトマトらー油」。ご飯のお供は言わずもがな、野菜、おかず、麺……さらにはパンにまで使える最強の食べるラー油。教えたいけど教えたくない、絶品!名物ご当地調味料とその万能ぶりをご紹介。


【アレンジレシピ】岡山県矢掛町「陽気なピクルス」を味わい尽くす

【アレンジレシピ】岡山県矢掛町「陽気なピクルス」を味わい尽くす

ワインのおつまみや、付け合わせなど便利なピクルス。つくりおきブームで、自分で作る人も増えていますが、ギフトやお土産などでもらう機会も多いのではないでしょうか。そのまま食べても良し、アレンジしても良しということで、ピクルスを余すことなく食べられるアレンジをご紹介します。


カフェと体験型イベント|岡山県矢掛町「えんがわ食堂」

カフェと体験型イベント|岡山県矢掛町「えんがわ食堂」

岡山県南西部に位置する矢掛町、2018年6月にオープンした「えんがわ食堂」で新しい取り組みが始まっています。カフェの新しいメニュー開発の様子や、地元の住人や作家さんが行う体験型イベントなどをレポートします。


手土産におすすめ|おしゃれなデザインのピクルスはいかが

手土産におすすめ|おしゃれなデザインのピクルスはいかが

岡山県南西部に位置する、岡山県矢掛町はかつて旧山陽道の宿場町として栄えた町。宿場町のイメージとはまた違った、矢掛町の人や田園風景の明るさやおおらかさを表現するおしゃれなパッケージのピクルスが販売されているのはまだあまり知られていないのでは。ギフトにもピッタリなおしゃれなデザインから商品を探ります。


【お返しにおすすめ】個性的なカタログギフト|内祝いのお返しに

【お返しにおすすめ】個性的なカタログギフト|内祝いのお返しに

人生の大きなライフイベントである結婚や出産。家族はもちろん、まわりの友人、知人、ご近所のかたなど、多くの人が祝福してくれます。お祝いをいただくことも多いですよね。喜んでいただいた気持ちに感謝しながらも、そのお返しには何を贈るか悩んでしまうのでは? そこで、チイキイロ選・お返しにおすすめ!おしゃれでいて、全国各地47都道府県のうまいものがそろった、センスのいいカタログギフトをご紹介します。


最新の投稿


【地域の差】黒・緑・黄緑・黄色? 地域で違う「おはぎ」の不思議

【地域の差】黒・緑・黄緑・黄色? 地域で違う「おはぎ」の不思議

おはぎと言えば「小豆あん」の赤紫色、「きなこ」の黄色、あともう一色は何色?え、おはぎってこしあんのことじゃないの?そもそもおはぎとぼたもちの違いって?緑のあん、黄色のあんのぼたもちはどこのもの?地域によって色も味も違うおはぎの不思議。地味だけど興味深いおはぎの地域性を大調査!


【ごはんのお供】「にんにくトマトラー油」使い方15選!鍋におかずも!

【ごはんのお供】「にんにくトマトラー油」使い方15選!鍋におかずも!

本当に「万能調味料」はあるのか。これまで疑問を抱き続けてきた筆者が出会った「これぞ万能」と思えるご当地調味料が、山梨県・笛吹の庄の「にんにくトマトらー油」。ご飯のお供は言わずもがな、野菜、おかず、麺……さらにはパンにまで使える最強の食べるラー油。教えたいけど教えたくない、絶品!名物ご当地調味料とその万能ぶりをご紹介。


【2019年】牛乳瓶の「うに」は初夏だけのお楽しみ!|おいしい食べ方は?どこで買えるの?

【2019年】牛乳瓶の「うに」は初夏だけのお楽しみ!|おいしい食べ方は?どこで買えるの?

【2019年 旬スタート】高級食材の代表格「うに」。そんな「うに」が目いっぱい入っている夢のような牛乳瓶があると聞いて、さっそく販売店に出かけてみました!気になるお値段は?お味は?どんな食べ方が美味しいの?通販でも購入できるの?などなど、謎に包まれた牛乳瓶入りの「うに」を研究しました。


【アレンジレシピ】岡山県矢掛町「陽気なピクルス」を味わい尽くす

【アレンジレシピ】岡山県矢掛町「陽気なピクルス」を味わい尽くす

ワインのおつまみや、付け合わせなど便利なピクルス。つくりおきブームで、自分で作る人も増えていますが、ギフトやお土産などでもらう機会も多いのではないでしょうか。そのまま食べても良し、アレンジしても良しということで、ピクルスを余すことなく食べられるアレンジをご紹介します。


【2019年おすすめ】はじまりの季節「春」に食べたい春スイーツ3選

【2019年おすすめ】はじまりの季節「春」に食べたい春スイーツ3選

新しい年度が始まる春。あたたかく、さくらが咲き、ちょっとワクワク、ドキドキな季節に気分高まるスイーツ―――春スイーツを3つご紹介します。


ランキング


>>総合人気ランキング