「Local is colorful」をテーマに、地域の"イロ=魅力"を伝え、全力で応援するローカル情報メディア
岡山県矢掛町のみかわてらすとえんがわ食堂

岡山県矢掛町のみかわてらすとえんがわ食堂

岡山県矢掛町のみかわてらすで作っている「陽気なピクルス」。開発ストーリーと新たな拠点で営業するカフェ「えんがわ食堂」を中心とした取り組みを覗きに行ってきました。


1.はじめに

岡山県矢掛町にて山村振興の取り組みで、美川地区の住民を中心に「みかわてらす」が発足。ピクルスを商品化したことは以前の記事『岡山県矢掛町発|みかわてらす「陽気なピクルス&ディップソース」』で紹介しましたが、新たな取り組みが始まっていると聞き現地に行ってきました。開発過程の話や商品への思い、新たな取り組みについて伺うことができました。

2.開発ストーリー

2015年に「みかわてらす」発足と同時に開始した「陽気なピクルス」の商品開発。そもそも、みかわてらすのメンバーは売り物として加工品を作るのは初めて。商品企画担当者、料理研究家、コピーライターやデザイナーなどのメンバーと協力し、ピクルスの開発・製造を始めました。

まず、開発を始めるにあたり他社のピクルスの競合分析を、試食と特徴を分析しました。また、本やインターネットサイトのレシピを参考に実際にピクルスの試作も行いました。

そのうえで、みかわてらすが作るピクルスの特徴やコンセプトを協議。

1.ギフト需要や長期保存を考慮する
2.加熱処理を行う常温タイプにすることで酸味を抑えた食べやすい味わいにする

という方向性に決まりました。

料理研究家の三島葉子さん監修のもと、和だしや梅酢を使用するなど酸味が効きすぎない、野菜の味わいを活かした優しい味わいの商品に仕上がりました。ピクルス以外にも、ディップソースも完成! 「晴れの国おかやま」の明るいイメージそのままにパッケージデザイン、ネーミングと商品が完成に近づいていきました。

しかし、開発当時は設備や調理器具などがそろっておらず、地元の公民館の調理室で試作を行っていました。煮沸殺菌や、日持ちさせるために瓶の中を真空にする「脱気」という作業に必要な加熱作業は特に苦労したとのこと。

3.えんがわ食堂とピクルス加工場

2015年から商品開発をはじめ、2016年にはインターネットサイトでの販売を開始しましたが、ピクルス製造の苦労は続いていましたが、なんと2018年6月には、ついに加工場が竣工!

専用の加工場ができたことにより、加熱殺菌のための設備や広い作業場など、作業環境が整い安定した製造ができるようになりました。

私が訪問した日は、「セロリの薄荷(はっか)ピクルス」と「晴れの国のサルサソース」を作っていました。セロリを瓶の高さに合わせてカットし、1本ずつ手作業で詰めていきます。セロリを詰めてピクルス液を充填、最後に薄荷の葉を一枚ずつ入れていきます。最後に、加熱殺菌をし、その過程でセロリにお出汁の色がほのかに染みたら、ピクルスの完成です。

「セロリの薄荷ピクルス」は、セロリの爽やかさに薄荷がアクセントの他にはない味わいで、白ワインのおつまみや、サラダに加えるのがおすすめです。

実はこの場所、加工場だけではないのです! ピクルスを製造販売している、みかわてらすメンバーが運営する「えんがわ食堂」というカフェを併設しています。

4.えんがわ食堂について

みかわてらすが運営するえんがわ食堂は、もともと茶道のお教室が開かれていた古民家を改装したカフェの名前の由来でもあるえんがわが特徴的な建物です。漆喰の白壁に瓦屋根、杉板を焼いた黒塀と古民家のたたずまいそのままに、田舎のおばあちゃんの家に遊びに来たような感覚になりますね。

中は大きな窓から明るい日差しが入り込む心地よい空間です。初めて来た場所にもかかわらず、何だか懐かしい気分になりました。もちろんこちらのカフェを運営しているのは、ピクルスを作っているみかわてらすの皆さまです。

ランチメニューは、ピクルスやサルサソースを使ったものとなっています。メイン料理が週替わりの「みかわてらす御膳」が一番人気のメニューです。

写真は、みかわてらすのピクルスで作ったディップソースで食べる温野菜と、サルサソースを使ったタコスライスのセットです。野菜がたっぷり摂れる、ランチメニューを堪能しました。ご飯は美川地区で栽培されたお米なのですが、このごはんがふっくらとしていて、とてもおいしかったです。

えんがわ食堂はカフェとしての営業だけではなく、地域交流の拠点としてイベントを開催していくとのことでした。イベントの案内はFacebookページ「Mikawa Terrace みかわてらす」や、ホームページ「mikawaterrace.jp」でご案内しています。

5.さいごに

お近くにお越しの際は、みかわてらすの「えんがわ食堂」で作り手の皆さまが温かく出迎えてくれるはずです。心地よい空間で美味しいランチや、デザートメニューを楽しめますよ♪

■えんがわ食堂
住所    〒714-1203 岡山県小田郡矢掛町上高末1474
電話番号  0866-82-1565
HP     http://mikawaterrace.jp/
営業時間  毎週金・土・日 11:30~14:30(お食事ラストオーダー 14:00)

この記事のライター

関連する投稿


【ごはんのお供】「にんにくトマトラー油」使い方15選!鍋におかずも!

【ごはんのお供】「にんにくトマトラー油」使い方15選!鍋におかずも!

本当に「万能調味料」はあるのか。これまで疑問を抱き続けてきた筆者が出会った「これぞ万能」と思えるご当地調味料が、山梨県・笛吹の庄の「にんにくトマトらー油」。ご飯のお供は言わずもがな、野菜、おかず、麺……さらにはパンにまで使える最強の食べるラー油。教えたいけど教えたくない、絶品!名物ご当地調味料とその万能ぶりをご紹介。


【アレンジレシピ】岡山県矢掛町「陽気なピクルス」を味わい尽くす

【アレンジレシピ】岡山県矢掛町「陽気なピクルス」を味わい尽くす

ワインのおつまみや、付け合わせなど便利なピクルス。つくりおきブームで、自分で作る人も増えていますが、ギフトやお土産などでもらう機会も多いのではないでしょうか。そのまま食べても良し、アレンジしても良しということで、ピクルスを余すことなく食べられるアレンジをご紹介します。


カフェと体験型イベント|岡山県矢掛町「えんがわ食堂」

カフェと体験型イベント|岡山県矢掛町「えんがわ食堂」

岡山県南西部に位置する矢掛町、2018年6月にオープンした「えんがわ食堂」で新しい取り組みが始まっています。カフェの新しいメニュー開発の様子や、地元の住人や作家さんが行う体験型イベントなどをレポートします。


手土産におすすめ|おしゃれなデザインのピクルスはいかが

手土産におすすめ|おしゃれなデザインのピクルスはいかが

岡山県南西部に位置する、岡山県矢掛町はかつて旧山陽道の宿場町として栄えた町。宿場町のイメージとはまた違った、矢掛町の人や田園風景の明るさやおおらかさを表現するおしゃれなパッケージのピクルスが販売されているのはまだあまり知られていないのでは。ギフトにもピッタリなおしゃれなデザインから商品を探ります。


【お返しにおすすめ】個性的なカタログギフト|内祝いのお返しに

【お返しにおすすめ】個性的なカタログギフト|内祝いのお返しに

人生の大きなライフイベントである結婚や出産。家族はもちろん、まわりの友人、知人、ご近所のかたなど、多くの人が祝福してくれます。お祝いをいただくことも多いですよね。喜んでいただいた気持ちに感謝しながらも、そのお返しには何を贈るか悩んでしまうのでは? そこで、チイキイロ選・お返しにおすすめ!おしゃれでいて、全国各地47都道府県のうまいものがそろった、センスのいいカタログギフトをご紹介します。


最新の投稿


【地域の差】黒・緑・黄緑・黄色? 地域で違う「おはぎ」の不思議

【地域の差】黒・緑・黄緑・黄色? 地域で違う「おはぎ」の不思議

おはぎと言えば「小豆あん」の赤紫色、「きなこ」の黄色、あともう一色は何色?え、おはぎってこしあんのことじゃないの?そもそもおはぎとぼたもちの違いって?緑のあん、黄色のあんのぼたもちはどこのもの?地域によって色も味も違うおはぎの不思議。地味だけど興味深いおはぎの地域性を大調査!


【ごはんのお供】「にんにくトマトラー油」使い方15選!鍋におかずも!

【ごはんのお供】「にんにくトマトラー油」使い方15選!鍋におかずも!

本当に「万能調味料」はあるのか。これまで疑問を抱き続けてきた筆者が出会った「これぞ万能」と思えるご当地調味料が、山梨県・笛吹の庄の「にんにくトマトらー油」。ご飯のお供は言わずもがな、野菜、おかず、麺……さらにはパンにまで使える最強の食べるラー油。教えたいけど教えたくない、絶品!名物ご当地調味料とその万能ぶりをご紹介。


【2019年】牛乳瓶の「うに」は初夏だけのお楽しみ!|おいしい食べ方は?どこで買えるの?

【2019年】牛乳瓶の「うに」は初夏だけのお楽しみ!|おいしい食べ方は?どこで買えるの?

【2019年 旬スタート】高級食材の代表格「うに」。そんな「うに」が目いっぱい入っている夢のような牛乳瓶があると聞いて、さっそく販売店に出かけてみました!気になるお値段は?お味は?どんな食べ方が美味しいの?通販でも購入できるの?などなど、謎に包まれた牛乳瓶入りの「うに」を研究しました。


【アレンジレシピ】岡山県矢掛町「陽気なピクルス」を味わい尽くす

【アレンジレシピ】岡山県矢掛町「陽気なピクルス」を味わい尽くす

ワインのおつまみや、付け合わせなど便利なピクルス。つくりおきブームで、自分で作る人も増えていますが、ギフトやお土産などでもらう機会も多いのではないでしょうか。そのまま食べても良し、アレンジしても良しということで、ピクルスを余すことなく食べられるアレンジをご紹介します。


【2019年おすすめ】はじまりの季節「春」に食べたい春スイーツ3選

【2019年おすすめ】はじまりの季節「春」に食べたい春スイーツ3選

新しい年度が始まる春。あたたかく、さくらが咲き、ちょっとワクワク、ドキドキな季節に気分高まるスイーツ―――春スイーツを3つご紹介します。


ランキング


>>総合人気ランキング