「Local is colorful」をテーマに、地域の"イロ=魅力"を伝え、全力で応援するローカル情報メディア
カフェと体験型イベント|岡山県矢掛町「えんがわ食堂」

カフェと体験型イベント|岡山県矢掛町「えんがわ食堂」

岡山県南西部に位置する矢掛町、2018年6月にオープンした「えんがわ食堂」で新しい取り組みが始まっています。カフェの新しいメニュー開発の様子や、地元の住人や作家さんが行う体験型イベントなどをレポートします。


はじめに

美味しい食事と居心地の良い空間で過ごす時間は、ほっとしますよね。以前の記事「岡山県矢掛町のみかわてらすとえんがわ食堂」でもご紹介した、岡山県南西部に位置する矢掛町にある「えんがわ食堂」は、古民家を改装したカフェ。大きな窓に面した縁側が特徴的な明るい空間がほっとする時間を演出してくれます。

また、2階のギャラリースペースでは地元の作家さんたちによる工芸品の展示販売も行っています。食事やスイーツの提供だけではなく、矢掛町で作られる工芸品に触れられる場となっています。

新メニュー、つくります

さて、そのカフェスペースは2018年6月のグランドオープン以降、リピートのお客様も多く順調に営業しています。「えんがわ食堂」のメニューは、地元の野菜とお米を使ったお料理が基本。みかわてらすが製造販売をしている「陽気なピクルス」も楽しめます。

今回、お客様により喜んでいただけるよう新メニューも開発されることになりました。

新メニュー開発には、「陽気なピクルス」の開発にもご協力いただいた料理家の三島葉子さん(以下、三島さん)にお願いしました。(しかも、三島さんは岡山県のご出身!)

実は、もともと提供しているメニューも三島さんのレシピと、そのレシピをベースにみかわてらすのメンバーがアレンジしたものが多数あるんです! そんなご縁から、再び三島さんにご協力をお願いすることになりました。

みかわてらすメンバーと三島さんは、ピクルスの開発時以来の再会を、互いに喜びながら講習会がスタートしました。まずは、事前にみかわてらすメンバーの要望を聞き取りしていたので、新メニューの内容を要望に沿ってポイントの説明がありました。

では早速、3品作っていきます。

1品目は、これまでのメニューがお肉系中心だったため、要望が多かった魚料理。

季節に合わせて、魚の種類を変えて作ることができる「本日のおさかな 陽気なピクルス甘酢照り焼き」です。ピクルスが漬かっていた、野菜の旨みが溶け込んだピクルス液を使った甘酢照り焼きです。

焼き方を2パターンに絞り、美味しさや提供のしやすさを考慮しながら、検討していきました。

調理担当メンバーでたれの絡み具合、魚の食感などを確認し、美味しく仕上がる焼き方を見つけていきました。

ちなみに、三島さんいわく、陽気なピクルス甘酢照り焼きのたれは魚以外にも豚肉などにも合う、とのこと。さまざまなバリエーションで、メニューに登場予定なので楽しみです。

続いて2品目は、さっぱりと食べられるピクルスを使った「豆腐ハンバーグ おろしピクルスソース」です。

おろしソースに、みかわてらすの「陽気なピクルス」を使い、食感と柔らかな酸味をプラスしたえんがわ食堂オリジナルです。豆腐入りのハンバーグは柔らかい食感なので、刻んだピクルスがソースに入ることで、食感を楽しめるようになっています。

焼き方は、1品目の魚料理同様に2パターンに絞り、検討を重ねていきました。

みかわてらすの「陽気なピクルス」シリーズは、強すぎない酸味が特徴なので、ごはんにもよく合うハンバーグとソースに仕上がりました。

3品目はみかわてらすメンバーより要望があった、あったかメニューです。

「獅子頭(シーツトゥ)鍋」という、聞きなれない名前の中華メニューです。上海などで食べられる料理で、大きな肉団子が獅子の頭のように見えることから名づけられたと言われています。

一般的に大きな肉団子が特徴ですが、メニューとして提供する際の食べやすさを考慮して肉団子の大きさを調整していきます。見た目にインパクトがある大きいものを一つ、食べやすいサイズのものを二つなど食べやすさ、食べ応えなどパターンをたくさん作ってみました。

いよいよ新メニュー3品の最終確認です。調理担当のメンバーの他に、ホール担当などその他のえんがわ食堂メンバーも一緒にテーブルを囲んで試食をしていきます。試食をしながら、改めて複数パターンつくったメニューの最終レシピを話し合って決めていきます。メンバーの皆さん、「ごはんと食べるなら、もう少し濃いめの味かな…」など、活発に意見を交えていました。

この記事のライター

関連する投稿


【ごはんのお供】「にんにくトマトラー油」使い方15選!鍋におかずも!

【ごはんのお供】「にんにくトマトラー油」使い方15選!鍋におかずも!

本当に「万能調味料」はあるのか。これまで疑問を抱き続けてきた筆者が出会った「これぞ万能」と思えるご当地調味料が、山梨県・笛吹の庄の「にんにくトマトらー油」。ご飯のお供は言わずもがな、野菜、おかず、麺……さらにはパンにまで使える最強の食べるラー油。教えたいけど教えたくない、絶品!名物ご当地調味料とその万能ぶりをご紹介。


【アレンジレシピ】岡山県矢掛町「陽気なピクルス」を味わい尽くす

【アレンジレシピ】岡山県矢掛町「陽気なピクルス」を味わい尽くす

ワインのおつまみや、付け合わせなど便利なピクルス。つくりおきブームで、自分で作る人も増えていますが、ギフトやお土産などでもらう機会も多いのではないでしょうか。そのまま食べても良し、アレンジしても良しということで、ピクルスを余すことなく食べられるアレンジをご紹介します。


手土産におすすめ|おしゃれなデザインのピクルスはいかが

手土産におすすめ|おしゃれなデザインのピクルスはいかが

岡山県南西部に位置する、岡山県矢掛町はかつて旧山陽道の宿場町として栄えた町。宿場町のイメージとはまた違った、矢掛町の人や田園風景の明るさやおおらかさを表現するおしゃれなパッケージのピクルスが販売されているのはまだあまり知られていないのでは。ギフトにもピッタリなおしゃれなデザインから商品を探ります。


【お返しにおすすめ】個性的なカタログギフト|内祝いのお返しに

【お返しにおすすめ】個性的なカタログギフト|内祝いのお返しに

人生の大きなライフイベントである結婚や出産。家族はもちろん、まわりの友人、知人、ご近所のかたなど、多くの人が祝福してくれます。お祝いをいただくことも多いですよね。喜んでいただいた気持ちに感謝しながらも、そのお返しには何を贈るか悩んでしまうのでは? そこで、チイキイロ選・お返しにおすすめ!おしゃれでいて、全国各地47都道府県のうまいものがそろった、センスのいいカタログギフトをご紹介します。


岡山県矢掛町のみかわてらすとえんがわ食堂

岡山県矢掛町のみかわてらすとえんがわ食堂

岡山県矢掛町のみかわてらすで作っている「陽気なピクルス」。開発ストーリーと新たな拠点で営業するカフェ「えんがわ食堂」を中心とした取り組みを覗きに行ってきました。


最新の投稿


【地域の差】黒・緑・黄緑・黄色? 地域で違う「おはぎ」の不思議

【地域の差】黒・緑・黄緑・黄色? 地域で違う「おはぎ」の不思議

おはぎと言えば「小豆あん」の赤紫色、「きなこ」の黄色、あともう一色は何色?え、おはぎってこしあんのことじゃないの?そもそもおはぎとぼたもちの違いって?緑のあん、黄色のあんのぼたもちはどこのもの?地域によって色も味も違うおはぎの不思議。地味だけど興味深いおはぎの地域性を大調査!


【ごはんのお供】「にんにくトマトラー油」使い方15選!鍋におかずも!

【ごはんのお供】「にんにくトマトラー油」使い方15選!鍋におかずも!

本当に「万能調味料」はあるのか。これまで疑問を抱き続けてきた筆者が出会った「これぞ万能」と思えるご当地調味料が、山梨県・笛吹の庄の「にんにくトマトらー油」。ご飯のお供は言わずもがな、野菜、おかず、麺……さらにはパンにまで使える最強の食べるラー油。教えたいけど教えたくない、絶品!名物ご当地調味料とその万能ぶりをご紹介。


【2019年】牛乳瓶の「うに」は初夏だけのお楽しみ!|おいしい食べ方は?どこで買えるの?

【2019年】牛乳瓶の「うに」は初夏だけのお楽しみ!|おいしい食べ方は?どこで買えるの?

【2019年 旬スタート】高級食材の代表格「うに」。そんな「うに」が目いっぱい入っている夢のような牛乳瓶があると聞いて、さっそく販売店に出かけてみました!気になるお値段は?お味は?どんな食べ方が美味しいの?通販でも購入できるの?などなど、謎に包まれた牛乳瓶入りの「うに」を研究しました。


【アレンジレシピ】岡山県矢掛町「陽気なピクルス」を味わい尽くす

【アレンジレシピ】岡山県矢掛町「陽気なピクルス」を味わい尽くす

ワインのおつまみや、付け合わせなど便利なピクルス。つくりおきブームで、自分で作る人も増えていますが、ギフトやお土産などでもらう機会も多いのではないでしょうか。そのまま食べても良し、アレンジしても良しということで、ピクルスを余すことなく食べられるアレンジをご紹介します。


【2019年おすすめ】はじまりの季節「春」に食べたい春スイーツ3選

【2019年おすすめ】はじまりの季節「春」に食べたい春スイーツ3選

新しい年度が始まる春。あたたかく、さくらが咲き、ちょっとワクワク、ドキドキな季節に気分高まるスイーツ―――春スイーツを3つご紹介します。


ランキング


>>総合人気ランキング