「Local is colorful」をテーマに、地域の"イロ=魅力"を伝え、全力で応援するローカル情報メディア
【ご当地パン】高知?北海道?え、静岡?名物「ようかんパン」を5地域で徹底比較

【ご当地パン】高知?北海道?え、静岡?名物「ようかんパン」を5地域で徹底比較

日本のごく一部の地域だけで愛されるパン、「ご当地パン」。そのご当地パンの中でも「ようかんパン」は、全く別の5地域で生まれそれぞれの地で独自の発展をとげてきたちょっと不思議なパン。北海道・高知・静岡…少しずつ味や特徴が違う「ようかんパン」を徹底比較。富山のヒスイパンにはなんと緑色のようかんが!?お取り寄せ情報も。


こんにちは、あまいもの担当のこむぎこです。近年、「パン祭り」が大盛り上がりを見せ、全国各地の名店が自慢のパンを引っ提げて一同に会すことでニュースでも話題になりましたよね。あまいもの、パン好きなわたくしも、毎回大注目のイベントです。
そんなイベントの中でも特に目を引くのが、特定の地域で独自に発展してきた「ご当地パン」。実はわたくしが以前からずっと気になっていたご当地パンがあるのです。

全く別の5地域で生まれ発展したご当地パン「ようかんパン」の謎

もう一度言います。ご当地パンとは"特定の一部の地域"で愛されてきたパン。にも関わらず不思議なパンがあるのです。それが「ようかんパン」。テレビや雑誌などでも紹介され、すでにご存じの方もいらっしゃるかもしれませんね。ひとことで言ってしまえば"表面を羊羹でコーティングしたパン"です。
もちろん、その味も気になるところなのですが、わたくしがこのパンに興味をもった1番の理由は、非常にローカルだと思われる「ようかんパン」が、なぜか複数の地域で存在すること。実は北海道・静岡県・高知県、さらにはちょっと進化したようかんパンが富山県と鹿児島県にもありました。 なんと合計5つの地域で、独自に発展し愛されているご当地パンなのです。

北海道・高知・静岡、まずは基本の「ようかんパン」を徹底検証!

それぞれの地域で少しずつ、その特徴も異なります。ということで、あまいもの担当として徹底比較してみました。パンはもちろんながら、和菓子好きでもあるのでワクワクです!お取り寄せできるものもあるのでぜひチェックしてみてください。

(北海道・高知県・静岡県のようかんパン。どれがどれだかわかりますか?)

ようかんパン①ブームの火付け役 北海道のようかんパンは見た目がエクレアそっくり

トップバッターは北の大地北海道から。北海道では複数のメーカーから発売されている、ようかんパン。メーカーさんによって商品名が少しずつ異なるようですが、今回は道内を代表するメーカーである日糧製パンさんの「ようかんツイスト」をピックアップしてみました。

(北海道代表:ようかんツイスト)

●商品名  :ようかんツイスト
●生産地  :北海道 函館市(日糧製パン 函館工場)
●形    :ツイスト型
●中身   :ホイップクリーム
●スタイル :中央をカットしクリームをサンド

(ようかんツイストを袋から取り出してみました)

道内では、形や中身をアレンジしたバラエティ商品も販売されているようですが、一番人気はこのツイスト型のパンにホイップクリームをサンドしたタイプ。見た目はまるで洋菓子のエクレア風です。ただしコーティングされているのはチョコレートではなく紛れもなくようかん。もちろん、サンドされたホイップクリームには、道産の牛乳が贅沢に使われています。

(ようかんツイストの断面図を大公開)

きっととっても甘くて濃厚なはず……と思いきや、ミルキーでありながらもとってもあっさりとしたクリーム。パンをコーティングしているようかんも、上品な甘さで、どちらも喧嘩せず、非常にいいバランス。北海道では一般的な量販店でも販売されているため比較的手に入れやすく、道民の皆さんの定番おやつパンのようです。

ようかんツイスト
(北海道/日糧製パン)

ようかんパン②こしあんパン+ようかん 高知県の「羊羹ぱん」はあんこ感抜群!

トコロ変わってお次は高知県。高知県のご当地パンと言えば、大きな麦わら帽子のようなツバのついた「ぼうしパン」もなかなかユニークですが(この話はまたぜひ今度!)、一方でひっそりと隠れた名物パンが、菱田ベーカリーさんが作る「羊羹ぱん」。こちらはあえて漢字の「羊羹」とひらがなの「ぱん」が商品名になっています。わたくしの知り合いの高知県民の方によれば、本当にごくごく一部の地域に根付いているもので、県内でも知らない人も多いのだとか。

(高知県代表:羊羹ぱん)

●商品名  :羊羹パン
●生産地  :高知県宿毛市
●形    :まる型
●中身   :こしあん
●スタイル :包餡

(羊羹ぱんを袋から取り出してみました)

形はシンプルに丸型、中身はこしあん。つまりはこしあんパンにようかんをコーティングしたスタイルです。北海道のクリームタイプのものとはまた全くの別物。あんパンの表面にさらにようかんという「ダブルあんこ」、なんとなく味の想像はつきそう……と思いきや、ようかんが上塗りされているだけでこんなに違うの?と思うほど、また新しい感覚。

(羊羹ぱんの断面、大公開)

口にあたるようかんのつるんとした食感が心地よく、なめらかなこしあんともしっかり調和しています。ちなみにこちらの「羊羹ぱん」には、当時和菓子も作っていたため余ったようかんをパンにかけてみたのがはじまり、というおもしろい逸話も。おいしい名物は、ひょんなことをきっかけに生まれたようです。
羊羹ぱん
(高知県/菱田ベーカリー)
※お取り寄せ可能
※ちなみに6月末から、ナチュラルローソンでの販売が始まっています!

ようかんパン③昭和35年生まれ 静岡の「ようかんぱん」はダブルの贅沢

(静岡県代表:ようかんぱん)

3つ目は静岡県から。かつてはいくつかのメーカーで作られていたという静岡県のようかんパンも、今では富士製パンさんが作る「ようかんぱん」のみに。それでいながら、県内では駅などでもよく見かけるほど、定番のご当地パンだと言います。

(ようかんぱんを袋から取り出してみました)

●商品名  :ようかんぱん
●生産地  :静岡県富士市
●形    :穴のあいたまる型
●中身   :粒あん+バニラクリーム
●スタイル :包餡+バニラクリームトッピング

この記事のライター

兵庫出身ほぼ大阪育ち、あまいもの担当。ミーハーだけど頑固もの。鯖好き女子で、納豆だけは食べられません。

関連する投稿


【地域の差】黒・緑・黄緑・黄色? 地域で違う「おはぎ」の不思議

【地域の差】黒・緑・黄緑・黄色? 地域で違う「おはぎ」の不思議

おはぎと言えば「小豆あん」の赤紫色、「きなこ」の黄色、あともう一色は何色?え、おはぎってこしあんのことじゃないの?そもそもおはぎとぼたもちの違いって?緑のあん、黄色のあんのぼたもちはどこのもの?地域によって色も味も違うおはぎの不思議。地味だけど興味深いおはぎの地域性を大調査!


【ごはんのお供】「にんにくトマトラー油」使い方15選!鍋におかずも!

【ごはんのお供】「にんにくトマトラー油」使い方15選!鍋におかずも!

本当に「万能調味料」はあるのか。これまで疑問を抱き続けてきた筆者が出会った「これぞ万能」と思えるご当地調味料が、山梨県・笛吹の庄の「にんにくトマトらー油」。ご飯のお供は言わずもがな、野菜、おかず、麺……さらにはパンにまで使える最強の食べるラー油。教えたいけど教えたくない、絶品!名物ご当地調味料とその万能ぶりをご紹介。


【2019年】牛乳瓶の「うに」は初夏だけのお楽しみ!|おいしい食べ方は?どこで買えるの?

【2019年】牛乳瓶の「うに」は初夏だけのお楽しみ!|おいしい食べ方は?どこで買えるの?

【2019年 旬スタート】高級食材の代表格「うに」。そんな「うに」が目いっぱい入っている夢のような牛乳瓶があると聞いて、さっそく販売店に出かけてみました!気になるお値段は?お味は?どんな食べ方が美味しいの?通販でも購入できるの?などなど、謎に包まれた牛乳瓶入りの「うに」を研究しました。


【アレンジレシピ】岡山県矢掛町「陽気なピクルス」を味わい尽くす

【アレンジレシピ】岡山県矢掛町「陽気なピクルス」を味わい尽くす

ワインのおつまみや、付け合わせなど便利なピクルス。つくりおきブームで、自分で作る人も増えていますが、ギフトやお土産などでもらう機会も多いのではないでしょうか。そのまま食べても良し、アレンジしても良しということで、ピクルスを余すことなく食べられるアレンジをご紹介します。


【2019年おすすめ】はじまりの季節「春」に食べたい春スイーツ3選

【2019年おすすめ】はじまりの季節「春」に食べたい春スイーツ3選

新しい年度が始まる春。あたたかく、さくらが咲き、ちょっとワクワク、ドキドキな季節に気分高まるスイーツ―――春スイーツを3つご紹介します。


最新の投稿


【地域の差】黒・緑・黄緑・黄色? 地域で違う「おはぎ」の不思議

【地域の差】黒・緑・黄緑・黄色? 地域で違う「おはぎ」の不思議

おはぎと言えば「小豆あん」の赤紫色、「きなこ」の黄色、あともう一色は何色?え、おはぎってこしあんのことじゃないの?そもそもおはぎとぼたもちの違いって?緑のあん、黄色のあんのぼたもちはどこのもの?地域によって色も味も違うおはぎの不思議。地味だけど興味深いおはぎの地域性を大調査!


【ごはんのお供】「にんにくトマトラー油」使い方15選!鍋におかずも!

【ごはんのお供】「にんにくトマトラー油」使い方15選!鍋におかずも!

本当に「万能調味料」はあるのか。これまで疑問を抱き続けてきた筆者が出会った「これぞ万能」と思えるご当地調味料が、山梨県・笛吹の庄の「にんにくトマトらー油」。ご飯のお供は言わずもがな、野菜、おかず、麺……さらにはパンにまで使える最強の食べるラー油。教えたいけど教えたくない、絶品!名物ご当地調味料とその万能ぶりをご紹介。


【2019年】牛乳瓶の「うに」は初夏だけのお楽しみ!|おいしい食べ方は?どこで買えるの?

【2019年】牛乳瓶の「うに」は初夏だけのお楽しみ!|おいしい食べ方は?どこで買えるの?

【2019年 旬スタート】高級食材の代表格「うに」。そんな「うに」が目いっぱい入っている夢のような牛乳瓶があると聞いて、さっそく販売店に出かけてみました!気になるお値段は?お味は?どんな食べ方が美味しいの?通販でも購入できるの?などなど、謎に包まれた牛乳瓶入りの「うに」を研究しました。


【アレンジレシピ】岡山県矢掛町「陽気なピクルス」を味わい尽くす

【アレンジレシピ】岡山県矢掛町「陽気なピクルス」を味わい尽くす

ワインのおつまみや、付け合わせなど便利なピクルス。つくりおきブームで、自分で作る人も増えていますが、ギフトやお土産などでもらう機会も多いのではないでしょうか。そのまま食べても良し、アレンジしても良しということで、ピクルスを余すことなく食べられるアレンジをご紹介します。


【2019年おすすめ】はじまりの季節「春」に食べたい春スイーツ3選

【2019年おすすめ】はじまりの季節「春」に食べたい春スイーツ3選

新しい年度が始まる春。あたたかく、さくらが咲き、ちょっとワクワク、ドキドキな季節に気分高まるスイーツ―――春スイーツを3つご紹介します。


ランキング


>>総合人気ランキング