「Local is colorful」をテーマに、地域の"イロ=魅力"を伝えるローカル情報メディア
食べる芸術作品!超希少高級フルーツ 新潟ルレクチェのコンポート

食べる芸術作品!超希少高級フルーツ 新潟ルレクチェのコンポート

ひと目見ただけで虜になる、美しすぎる薔薇型のコンポート。1本1万円もする新潟のル・レクチェで作る『カービングコンポート』はまさに食べる芸術作品。見た目の美しさは言うまでもなく、おいしさの追求も妥協を知りません。フォトジェニックな見た目に隠された、1軒の農家のアツイ思いをお伝えします。


「フォトジェニック」社会にモノ申す!

こんにちは、あまいもの担当のこむぎこです。
誰が作ったか「フォトジェニック」という言葉。今の世の中、お店も客も、この言葉に踊らされる人だらけ。作り手側も、より「見た目」を重視した商品作りやメニュー作りを意識するようになりました。

(フォトジェニック・SNS映え・インスタ映え……?)

確かに、見た目は大事な商品価値のひとつ。お客さんはほとんどの場合、見た目だけでしか「買う」or「買わない」の判断をすることができませんからね。まだ味わったことがないにも関わらず、フォトジェニックな商品を求めて人々は行列をなし、何ヶ月も入荷を待つなんてことも。でも中には、見た目だけ、ブームに乗ることだけを重視し過ぎて、商品への愛情が感じられない見かけ倒しのものも少なくはありません。
ただし「見た目」が大ヒットのきっかけになることも、紛れもない事実。何を隠そう不覚にも、わたくし自身がその見た目の虜になってしまったものがあります。
あまいもの担当として……というよりも単純にジャムやコンポート類が好きで、お取り寄せでも店頭でも、人並み以上に食べてきたつもりでした。でも、こんな"作品"を知ってしまったからには、そのヒミツを知りたくて仕方無かったのです。

まさにアート!新潟 ル・レクチェの「カービングコンポート」

(写真提供:土田農園)

見た目はまるで薔薇の彫刻品。インテリア用の石の置物?石鹸?……いえいえ、実はこれ、洋梨の一種である「ル・レクチェ」。薔薇の形に彫ったル・レクチェをコンポート(シロップ漬け)にしたもの。瓶に詰められた姿は、まるでショーウインドウに飾られた宝飾品みたいですよね。なんと1瓶1万円もする超高級品です。

(瓶に"飾られた"バラの形のコンポート/写真提供:土田農園)

「カービング」とは果物や野菜、石鹸などにナイフ1本で彫刻を施していくタイの伝統技術。繊細でありながら華やかなデザインの彫刻は、タイの宮中に仕えていた女性が、王様のために約700年前から作り始めたとされています。

(果実に、ナイフ1本で彫刻を施していきます/写真提供:土田農園)

細部に至るまで再現された美しい薔薇は、まさに芸術作品。よくよく見ると、花びらだけではなく、葉やつぼみをかたどったものまで入っています。

(大事に大事に、詰められたコンポート/写真提供:土田農園)

ダイヤの指輪や高価な時計でも入っているかのような、重厚感のある箱に大事に包まれたコンポート。ひと目見ただけでは、まさかコンポート、ましてや洋梨だなんて想像もできません。
一瞬にしてカービングコンポートに魅了されてしまったわたくし。どう見ても、手間と時間のかかる"作品"。なぜ作ろうと思ったのか、どんな方がどんな思いで作っているのか、その華やかな見た目以上に、裏側を知りたい!と思ったのです。

ということで、思い切って、カービングコンポートの生産者である「土田農園」の土田広樹(つちだひろき)さんに直接お話をお伺いしました。

新潟 ル・レクチェ カービングコンポート誕生秘話

お気づきでしょうか。『カービングコンポート』を作っているのは「土田農園」さん。そう、新潟で生の果実のル・レクチェを栽培している「農家」さんです。大手のメーカーやデザイナーを抱える企業でもなければ、コンサルティング会社でもない、新潟県の1軒の農家

(土田農園 土田広樹さん/写真提供:土田農園)

"インパクト"重視 はじまりは樹になる薔薇のル・レクチェ

「そもそもル・レクチェって知っていますか?」土田さんはやや心配そうに切り出しました。洋梨と言えば、山形県のラ・フランスは少しずつ浸透しつつありますが、ル・レクチェの知名度はまだまだ。ラ・フランスよりもさらに濃厚な甘みと芳醇な甘い香りが特徴で、ざらつきのないとろけるような食感が味わえるとして、有名フルーツパーラーでも起用される注目の高級フルーツ。

国産のル・レクチェは、そのほとんどが新潟県で作られます。育てる過程で非常に手間がかかるため、今は原産国フランスでもほとんど作られなくなり、"幻の洋梨"とも言われています。

(幻の洋梨「ル・レクチェ」/写真提供:土田農園)

そう、あくまで"一部のひと"にしかあまり知られていない「ル・レクチェ」。何せ収穫時期は初秋のたった1か月ほど。生産農家も非常に少ないため、なかなか大衆に出回ることがなく、まだまだ知名度は低いのが実情です。

どうして、そんな超高級フルーツ ル・レクチェに彫刻を?

―――「おいしさを知ってほしい」と言ってPR目的でジャムや加工品にすることってよくありますよね。でも、自分で愛情いっぱいに育てた自慢の果物。やっぱり自分では、生の果実がいちばんおいしいって思うんですよ。僕らも生のル・レクチェを食べてほしい。でも、旬があって日持ちがしない果実は、魅力を伝えたりPRしたりすることがすごく難しい。

(土田農園 土田広樹さん/写真提供:土田農園)

フォトジェニックで勝負 ライバルは自ら育てた生のル・レクチェ

―――どうすればル・レクチェを知らない人に興味を持ってもらえるか……って考えたら、とにかく"インパクト"が必要だと思ったんです。ジャムやドライフルーツも作ってはいましたが、やっぱりどうしても地味でなかなかアピールするのが難しくて……(笑)

(ル・レクチェのコンフィチュール)

土田さんはそう笑います。ユニークで柔軟な発想を持ち、とっても行動力のある土田さん。なんと初めはこのカービングの技術を、樹になったままのル・レクチェで試みたんですって。
―――樹に、彫刻された洋梨がなってたらおもしろいなって。ただ、あらゆる角度からの作業を必要とするカービングを、樹なりの果実に施すのは至難の業。もともと繊細なル・レクチェは傷みも早いので、せっかく彫っても維持することができなくて、さすがに限界がありました。そこで、収穫したあとのル・レクチェに彫刻を施し、コンポートにしてみることにしたんです。

(ハロウィンのジャック・オ・ランタンを模したル・レクチェ/写真提供:土田農園)

地元にカービングのデザイナーさんがいることを知り、同じく地元を愛する伊丹宏子さんと意気投合。「生の果実がいちばんおいしい。ならば、できるだけ果実に近い味の加工品を作り、見た目では生の果実を超えてやる!」ライバルは、もっともおいしいと思っている自らが育て上げる自慢のル・レクチェだったと言います。

構想から約2年 薔薇型のル・レクチェ「カービングコンポート」

……開発期間は実に約2年。そう、決して容易なことではありませんでした。繊細な果実に、緻密なカービングを施すのは並大抵のことではありません。完熟の果実を彫ってうまくいった年もあれば、翌年は煮崩れてしまうことも。ギリギリまで熟したル・レクチェは、非常に扱いづらく、また傷みやすいために彫りからすぐに蒸し作業に入らなければならないのです。細かい彫りの作業を考えると、1日に作れる本数は多くて10数本だと言います。

(生のル・レクチェにカービングを施していきます/写真提供:土田農園)

正直、食べるのがもったいないと感じてしまうくらいの見事な薔薇。もちろん見た目だけではなく味も一級品です。細かくカービングすることでシロップが切り込みにしっかりと絡み、通常のコンポートよりも洋梨の味を舌でしっかりと感じることができるのだそう。それでいて、きちんと食感を残すことにもこだわり、生のル・レクチェにも劣らない、素材のおいしさを楽しむことができるのです。

(崩さないよう、薔薇を表に向かせ、手作業でつめていきます。
コンポートにすると実が少し縮むため、できるだけしかっかりと詰めていきます。
崩さないよう、崩さないよう……/写真提供:土田農園)

「いや~、正直かなり、しんどいです(笑)。」、商品化から3年たった今でも、インタビュー中幾度となくそんな言葉を笑いながら繰りかえす土田さん。それもそのはず、完熟直前のルレクチェを使うカービングコンポート作りは、果実の出荷のピークと同時期に作業しなければなりません。

薔薇のカービングコンポートで「幸せ」のお裾分け

そんな土田さんを奮い立たせるのは、とにもかくにも『絶対に誰かの"幸せ"に関わる商品』であるということ。

―――こんな高級な薔薇型の華やかなコンポート、"何かイイコト"がないと買わないでしょ?贈ろうと思うひとも、贈られるひとも、きっと幸せなことがあった人。受け取った人はきっと驚いてまた幸せになってくれる、そう考えるだけで「頑張って作るか!」って思えるんです。

果実にだって個性はある ル・レクチェに誇り

土田農園さんのル・レクチェ作りは、生の果実の時点でも他の農家と少し違います。収穫後、約40~60日ほど追熟させる栽培方法をとるル・レクチェは、できるだけ全ての果実の熟し方を統一させるために、一度「冷蔵ショック」を与えるのが一般的。しかし土田さんはあえてその手法をとりません。
―――無理やりみんな同じように育てるなんておかしい。個体が持つ個性が死んでしまう。だから収穫したまま、その個体の力だけでおいしくなるのをじっと待ってあげるんです。

(ル・レクチェに愛情を注ぐ土田さん/写真提供:土田農園)

コンポートにする果実をひとつひとつ選ぶという手間も加わります。もちろん生の果実として出荷するものも、ひとつひとつ熟し方を見極めて選んでいきます。これらをもっとも忙しい時期に同時に行い、さらには彫ったルレクチェはすぐにコンポートにしないといけないのです。「いや~、ほんっと、しんどいです(笑)」でもどこか、土田さんはずっと嬉しそう。

幸せを呼ぶ 新潟のル・レクチェ

2011年に起きた新潟・福島豪雨で水害にあった土田農園さん。ボランティアの方がSNSに投稿した写真をきっかけに、ぜひ結婚式でル・レクチェを使いたいと依頼を受けたといいます。その写真が、1つの枝に2つの実がなったル・レクチェの果実。そのカップルのために1年かけてル・レクチェを育て、なんと土田さん、遂には結婚式のスピーチまで請け負ったというから驚き。

(1つの枝に2つの実がなった「幸せのル・レクチェ」/写真提供:土田農園)

(結婚式は、小さな街の商店街で行われました/写真提供:土田農園)

「自分の作った洋梨やコンポートで、こんなにもたくさんの人が喜んでくれることがほんとうに嬉しかった」そう言って声を弾ませて話してくださいました。
SNSの写真もコンポートも土田さんにとっては「きっかけ」のひとつ。こうやってル・レクチェを知って、おいしいと思ってもらえるための小さな一歩なのです。 はじめはPRしたい一心で始めたコンポート作りでしたが、この商品を「"農家が作る"ことに意味がある」と何度も繰り返します。大手メーカーでも百貨店でもなく「農家」だって新しいトレンドや華のあるものを生みだすことができる、と証明できたことは、今後の農業のためにも大きな一歩。

(ル・レクチェに愛情を注ぐ土田さん/写真提供:土田農園)

後継者不足が叫ばれる農業のために、もっともっと活動の幅を広げていきたいという土田さん。このカービングコンポートも、新潟でなければできなかったこと、土田農園さんだから・農家だからできたことでしょう。美しい見た目という"うわべ"だけではなく、華やかな商品の裏にある作り手の想い、ものごとの本質をもっと知って欲しい。地方は、農業はまだまだ捨てたもんじゃない!と教えられた気がします。

(新潟ル・レクチェのカービングコンポート/写真提供:土田農園)

自分用に『カービングコンポート』はちょっと高価ですが、この秋はぜひ土田農園さんのル・レクチェをいただいてみたいものです。新潟ル・レクチェの「カービングコンポート」で、たくさんの方に幸せが届きますように。
■土田農園■
〒955-0096 新潟県三条市井戸場1591-1
http://www.tsuchida-farm.com/

●まだまだあります、華やかな見た目のスイーツの裏側に隠れた職人技
萌え断スイーツをお取り寄せ!美しい断面の秘密は作り手にアリ!

●サプライズをプレゼント 職人仕上げの金のお弁当箱で贈るカタログギフト
高級カタログギフト12万円!金のお弁当箱の正体

この記事のライター

兵庫出身ほぼ大阪育ち、あまいもの担当。ミーハーだけど頑固もの。鯖好き女子で、納豆だけは食べられません。

関連する投稿


産地こだわりの食材が届く!定番&注目の食品宅配・定期購入サービスまとめ

産地こだわりの食材が届く!定番&注目の食品宅配・定期購入サービスまとめ

毎日食べるものだから、食材にはこだわりたい。産地のこと、生産者のことをもっと知りたい。そんな私たちのニーズにこたえながら各地の生産者を応援する、食品宅配サービスが人気を集めています。定番のサービスから近年新たに始まった注目の取り組みまで、特徴や違いを比較しながらまとめました。


【ふくしまプライド】砂糖もオイルもいらない! F2Rの「そのまんま」無添加ドライフルーツ

【ふくしまプライド】砂糖もオイルもいらない! F2Rの「そのまんま」無添加ドライフルーツ

砂糖もオイルも使わない100%無添加のドライフルーツ「F2R」。そのままで抜群においしい果物をドライフルーツにするワケは?どうやって作ってるの?しわしわでとっても地味だけど、1枚1枚に、おいしい果物を育てる農家さんと、その果物を届けたいという代表・晶子さんのプライドがぎゅぎゅっと詰まっています。


【富山×岐阜】風情ある町並みを楽しむ大人の女子旅① 越中八尾と飛騨古川

【富山×岐阜】風情ある町並みを楽しむ大人の女子旅① 越中八尾と飛騨古川

風情ある町も地元グルメも、どちらもじっくり味わいたい……そんな欲張りな旅好きさんには、富山県と岐阜県をまたいでの町歩きがおすすめ。昔からつながりが深い両県。大人の女子旅や夫婦旅行にぴったりの、古い町並みと祭り文化が息づく美しい土地を巡る旅「富山×岐阜」。今回は「越中八尾&飛騨古川編」をお届けします。


高知観光の定番・日曜市&ひろめ市場 おすすめルートを徹底調査!

高知観光の定番・日曜市&ひろめ市場 おすすめルートを徹底調査!

高知県の中心街で毎週開催される「日曜市」と、注目の屋台村「ひろめ市場」。地元客にも観光客にも人気の2スポットで、四国・高知のご当地グルメや手作り品をあますことなく楽しむためのルートやポイントを編集部で独自調査! 事前調査+現地取材でわかったおすすめ情報をたっぷり紹介しちゃいます。


期間限定OPEN。地魚から落花生まで魅力ぎっしり!千葉県アンテナショップ「ちばI・CHI・BA」

期間限定OPEN。地魚から落花生まで魅力ぎっしり!千葉県アンテナショップ「ちばI・CHI・BA」

12/16(土)までの期間限定で千葉県のアンテナショップ「ちばI・CHI・BA」がオープン! 場所は東京駅からすぐの商業施設KITTE地下1階です。首都圏の人にとっては、近いけど意外と知らない千葉県。東京の陰に隠れてしまいがちな千葉県ですが、魅力的なものがたくさんありました。お店の様子と共にご紹介します。


最新の投稿


産地こだわりの食材が届く!定番&注目の食品宅配・定期購入サービスまとめ

産地こだわりの食材が届く!定番&注目の食品宅配・定期購入サービスまとめ

毎日食べるものだから、食材にはこだわりたい。産地のこと、生産者のことをもっと知りたい。そんな私たちのニーズにこたえながら各地の生産者を応援する、食品宅配サービスが人気を集めています。定番のサービスから近年新たに始まった注目の取り組みまで、特徴や違いを比較しながらまとめました。


【ふくしまプライド】砂糖もオイルもいらない! F2Rの「そのまんま」無添加ドライフルーツ

【ふくしまプライド】砂糖もオイルもいらない! F2Rの「そのまんま」無添加ドライフルーツ

砂糖もオイルも使わない100%無添加のドライフルーツ「F2R」。そのままで抜群においしい果物をドライフルーツにするワケは?どうやって作ってるの?しわしわでとっても地味だけど、1枚1枚に、おいしい果物を育てる農家さんと、その果物を届けたいという代表・晶子さんのプライドがぎゅぎゅっと詰まっています。


【富山×岐阜】風情ある町並みを楽しむ大人の女子旅① 越中八尾と飛騨古川

【富山×岐阜】風情ある町並みを楽しむ大人の女子旅① 越中八尾と飛騨古川

風情ある町も地元グルメも、どちらもじっくり味わいたい……そんな欲張りな旅好きさんには、富山県と岐阜県をまたいでの町歩きがおすすめ。昔からつながりが深い両県。大人の女子旅や夫婦旅行にぴったりの、古い町並みと祭り文化が息づく美しい土地を巡る旅「富山×岐阜」。今回は「越中八尾&飛騨古川編」をお届けします。


【クイズ】飲み会で使える!難読地名 地元民が選ぶ地元民でも読めない?地元の地名(九州沖縄地方編)

【クイズ】飲み会で使える!難読地名 地元民が選ぶ地元民でも読めない?地元の地名(九州沖縄地方編)

ちょっとした隙間時間をつぶしたいあなたにおくる、知っておくとどこかで役に立つかもしれない、難読地名クイズ。ラスト第八弾は九州・沖縄地方編です。地元民が自ら「これは!」と選んだ、地元民も読めないかもしれない、地元の難読地名。あなたはいくつ読めますか?


【小ネタ】哀愁漂う「へたれガンダム」は福島…いや、日本の守護神かもしれない件

【小ネタ】哀愁漂う「へたれガンダム」は福島…いや、日本の守護神かもしれない件

「わざわざ行くほどでもないが、無性に気になる地方の珍名所」第3弾。福島県の山中、それはそれは哀愁漂うガンダム像、その名も「へたれガンダム」。ガニ股で猫背、妙な愛らしさを覚えるその姿。雨にも負けず、風にも負けず、地震にも負けずこの地を見守ってきた"へたれない"へたれガンダムは、福島、いや日本の守護神なのかもしれない。


ランキング


>>総合人気ランキング